元モーニング娘。で現在はママタレントとしても活躍している辻希美(31)が10日付でブログを更新した。

 辻家では現在、クックとその子供のモカの2匹の犬を飼っていて、「先日クックのトリミングへ行き今日はモカのトリミングへ行きました」とルンルン気分で報告。今回の投稿ではトリミングから帰ってきたモカの写真をアップしているのだが、綺麗に整ったカット後のかわいいモカ自体ではなく、トリマーさんが付けたリボンに着目してしまっているようだ。「可愛い。一気に女子になるぅ」とはしゃぐ辻に対して一部ネット上では厳しい声が寄せられている。

「リボンが可愛かったんだね、辻さん。モカじゃなくてね。」
「モカが可愛いのではなくて、リボンが可愛いのだね。」
「モカの顔切れてるし。何でリボンだけ映しているの?」
「可愛いリボン付けてくれたのだったらモカの顔も写さないとだよ!何でリボンだけ映すの?」

 トリミングの仕上げにトリマーさんがリボンをつけてくれること自体はそれほど珍しいことではないだろう。リボンに興奮するのではなく、カット後のモカ自体に注目が集まるような写真を掲載しても良かったのかもしれない。クックやモカの元気な姿をこれからもブログにアップしてもらいたい、そのようにファンはきっと望んでいるのだろう。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「辻希美、「犬ではなくリボンが可愛い?」トリミング後の愛犬の扱いが物議に