ビジネスシーンにおいて、「あの案件どうなってる?」「案件の処理は終わった?」などと聞かれることはありませんか? 何かしらの物事を指すとき、「あの案件」「例の案件」という表現は頻繁に使われます。 あまりにもよく使われるので、意味をあまり把握せずに何となく使ってる方も中にはいらっしゃるかもしれません。 「事案」という言葉ともたびたび混同されがちですが、実はこの2つの言葉には明確なニュアンスの違いがあります。 今回は「案件」の正しい意味と使い方を、例文を踏まえて解説します。

全文を読む

情報提供元:FULL HOUSE
記事名:「「案件」の正しい意味と使用シーンは?混同しがちな「事案」との違いを含めて解説