リップル社が元Facebookのグローバルペイメントディレクターを業務執行役員として採用!

Ripple(リップル)社が、同社の業務執行役員に元FacebookのグローバルペイメントディレクターであるKahina Van Dyke氏を採用したことが明らかになりました。

Kahina Van Dyke氏採用でRipple社のサービスをさらに普及へ

Kahina Van Dyke氏はFacebookにてグローバルペイメントディレクターを務めCitibankPayPalVisaなど世界中の多くの大手金融機関とのパートナーシップを管理していました。また、決済システムや金融サービスの開発も手がけた経験もあるようです。
リップル社のサービスは、多くの金融機関で活用されています。多くの金融機関との関わりがあり、自ら決済サービスの開発を手がけたKahina Van Dyke氏が同社の業務執行役員になったことで、今後リップル社のサービスを活用していく金融機関がさらに増えていくことでしょう。

関連記事

CEOが発言。年内に大手銀行がリップル社の「xRapid」を導入か
大手金融企業5社がリップル社のxViaを導入
インドのコタック・マヒンドラ銀行がRippleNetに加盟!銀行でのxCurrent活用へ
KFHに続き、クウェート国立銀行もリップルネットに加盟
三菱UFJと三菱商事がリップルの技術を活用した送金の実証実験を開始!
Facebookで初のブロックチェーンディレクターが誕生!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「リップル社が元Facebookのグローバルペイメントディレクターを業務執行役員として採用!