ブラウザ「Opera(オペラ)」アンドロイド版でイーサリアムウォレット機能実装!

ウェブブラウザ「Opera(オペラ)」のAndroid版にて、ウォレット機能のベータ版が実装されました。

DApps作成の促進も

「Opera」は、ノルウェーのOpera Software ASA(オペラソフトウェアASA)が開発を手がけており、3億2,200万人ものユーザーに利用されてるブラウザともいわれています。
今回実装されたイーサリアムウォレットはAndroid版のみに実装されており、現在ベータ版で公開されています。ウォレットではイーサリアム、ERC-20やERC-721を準拠とするトークンのみをサポートしているようです。
また、オペラソフトウェアASAはDAppsの作成を促進するために、ウォレットにEthereum Web3 APIのサポートを組み込んでいるとのことです。

関連記事

ブロックチェーン活用ブラウザアプリ「Brave」がGoogle PlayにてDL数500万突破!
ダウ・ジョーンズがブロックチェーン活用へ。ブラウザ「Brave」と提携
仮想通貨ウォレットとは?仕組みや種類、使い方、おすすめのウォレットアプリを紹介。
DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ブラウザ「Opera(オペラ)」アンドロイド版でイーサリアムウォレット機能実装!