LINEがICONと提携!ブロックチェーン合同事業「unchain(アンチェーン)」設立

16日、LINEの子会社であるLINE Plusと韓国最大のブロックチェーンプラットフォーム「ICON」を手掛けるICON財団が提携し、共同出資会社「unchain(アンチェーン)」を設立したことが発表されました。

ブロックチェーン技術の子会社アンチェーンとは?


アンチェーンは「トークン経済のプラットフォーム」を開発することを目的に設立されました。

このプラットフォームはブロックチェーン技術を通して、ユーザーがネットワークへの貢献に応じて報酬を受けられる仕組みを意味します。

アンチェーンのCEOに就任したH.K.Lee(リー・ホンキュ)氏はICON財団の技術部長を務めていたため、「ブロックチェーン技術と人口知能における知識と経験がある人物だ」と期待が持たれています。

アンブロックと共にブロックチェーンサービスをリード

先月LINEが設立した、ブロックチェーン技術を扱う別の子会社「Unblock(アンブロック)」と共に、分散型アプリケーション(Dapps)の開発からLINEのブロックチェーンサービスのメインネットを作り上げていくようです。

公式発表はコチラ

関連記事「LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立」はコチラ

情報提供元:BITDAYS
記事名:「LINEがICONと提携!ブロックチェーン合同事業「unchain(アンチェーン)」設立