スタンフォード大学経営大学院、仮想通貨クラスを新設

世界トップクラスのMBA(Master of Business Administration)プログラムを提供するスタンフォード大学経営大学院が、仮想通貨とブロックチェーンのクラスを新設することを発表しました。

企業が求める人材に合わせて新設

企業がブロックチェーン技術を導入したくても、実際は人材不足となっているのが現状です。企業やベンチャーキャピタルを中心とする企業リクルーターからの需要が高まり、新設が決まりました。

スタンフォード大学経営大学院は、2018年5月から「Cryptocurrency(仮想通貨)」というクラスを提供。新設されたコースを賞賛する学生は多いようです。

ブロックチェーンのベンチャーキャピタルへの投資は、2017年には前年比から88%も増加し、9億1,100万ドル(975億円)となりました。ベンチャーキャピタル企業の多くのリクルーターは、暗号技術とその傾向についてよく知っている者を積極的に探しているといいます。

今後はさらに多くの学校で仮想通貨やブロックチェーンのクラスが設置されるようになるのかもしれません。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「スタンフォード大学経営大学院、仮想通貨クラスを新設