イオンカードの明細確認方法は?Web明細の登録方法を解説!

クレジットカードはポイント還元や付帯保険も重要ですが、毎月の明細確認がやりやすいかというのも気になりますよね。
イオンカードではWeb明細やスマホアプリなど3種類の明細確認方法があり、自分に合った方法が選択可能です。
ペーパーレスにすれば紙の明細より早く確認できて、さらに環境にもよいとメリットがたくさんあります。
この記事ではイオンカードの3つの明細確認方法とWeb明細について解説します。

イオンカードについて詳しくはこちら

イオンカードとは

イオンカードはイオンモールやイオンシネマでおなじみのイオングループのクレジットカードです。
カード利用で商品やWAONポイントに交換できる「ときめきポイント」が貯まるほか、毎月20日や30日のお買い物代金5%オフ、イオンシネマの割引など特典が盛りだくさんです。

もちろん家族カードやETCカードも発行できますし、キャッシングやリボ払いなど便利なサービスも利用可能です。
カードラインナップも豊富で、WAON一体型やSuica一体型など50種類以上から自分に合ったイオンカードを選ぶことができます。
さらに、イオンカードなら毎月の明細の確認もWeb明細やスマホアプリなど便利な方法が用意されています。

イオンカードの利用明細を確認する3つの方法


イオンカードの毎月の利用明細を確認する方法は以下の3種類です。
3種類の方法それぞれの特徴やメリットなどを詳しく見ていきましょう。

Web明細(環境宣言)

Web明細(環境宣言)は、紙の明細書の発行を止めてネットで明細書や各種お知らせを確認できるサービスです。

Web明細にはネットで簡単な申し込みが必要ですが、登録後は明細が届かないようになり、月々の明細は会員ページに反映されるようになります。
それまで明細書に一緒に入っていた各種お知らせやキャンペーン告知もネットで確認するようになります。
さらにWeb明細(環境宣言)では「過去の請求明細書一覧」という項目から過去2年分の明細をダウンロードすることもできます。

公式アプリ「イオンウォレット」

イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」でも明細の確認ができます。
iOS向け・Android向け両方のアプリが配信されていますので、スマホやタブレットにダウンロードすればどこでも明細の確認ができて便利です。

毎月のカード利用明細はもちろん指定リボやキャッシングの明細、さらに現在貯まっているポイント数の確認もできます。
その他クーポンの配信やキャンペーン情報の確認もできますので、便利なだけでなくお得なアプリです。
イオンウォレットで明細を見るやり方は、まずアプリをダウンロードしてイオンスクエアメンバーIDとパスワードでログインするだけです。

紙の明細書(郵送)

有料とはなりますが希望する人は紙の明細書を郵送で発行することも可能です。
イオンカードでは2019年11月請求分から明細書の郵送発行には月額100円(税抜)の手数料が発生します。
有料でも問題なければ毎月封筒に入った紙の明細を郵送してもらうことができます。

なお、カード利用内容に分割払いや指定リボ払い、ボーナス払いが含まれる場合は紙の明細発行手数料が無料になります。
明細書を紙で確認して保管しておきたい場合は、有料になるかどうか確認しておくようにしましょう。

イオンカードの明細をWeb明細(環境宣言)にするメリット


Web明細(環境宣言)ではどんなメリットがあるのか詳しく解説します。

明細書をパソコンやスマホでいつでも確認

Web明細(環境宣言)のメリットは、パソコンやスマホを使ってインターネットで素早く明細書を確認できるところです。
イオンカードの会員サイトにログインして明細書を開くだけなので、いつでも必要な月の明細を見ることができます。

必要なところだけ印刷することも可能です。
さらに、紙の明細書より発行されるのが早いので、郵送よりも素早く明細を確認することができます。

毎月の請求額をメールでお知らせ

Web明細で便利なのが、毎月届く「請求額案内メール」です。
これは、Web明細(環境宣言)に登録すると、毎月の請求金額が確定したタイミングであらかじめ登録したメールアドレスに請求額がお知らせされるというものです。
忙しいときは、Web明細にログインして請求額を確認する作業を忘れてしまう可能性もありますよね。
そのようなときでもカード会社からメールで請求額だけでもお知らせしてくれるのは安心感があります。
かなり早い段階で請求額が分かりますので、引き落とし口座の残高確認も日数に余裕を持ってすることができますよ。

過去2年分の明細をいつでもダウンロード

Web明細にすると明細確認画面から過去2年分(24ヶ月分)のイオンカードの利用明細をPDFでダウンロードできるのもメリットです。
郵送で発行された紙の明細書を2年分保管しておくのは手間がかかりますし、保管しておくスペースもとってしまいます。
Web明細なら必要なときにいつでもダウンロードできますし、PDFなので印刷も簡単です。
イオンカードなら家計の管理や確定申告などもやりやすくなりますよ。

ペーパーレス明細によりCO2削減

「Web明細(環境宣言)」というネーミングから分かるとおり、明細書がペーパーレスになりますのでCO2削減につながり、環境に優しいのもメリットです。
明細書の紙や封筒などの資源が節約されますし、印刷する機械を作動させる必要もありませんのでエコにつながります。
Web明細は便利なだけでなく、スーパーのレジ袋や食品の包装などと同じような感覚でエコに貢献できるのは嬉しいですね。

イオンカードのWeb明細(環境宣言)の登録方法と注意点


それでは実際にイオンカードのWeb明細(環境宣言)に登録する手順を解説します。

Web明細(環境宣言)の登録方法

Web明細(環境宣言)の申し込みはインターネットで簡単にできますので、書類に記入する必要はありません。
申し込み方法は以下のような流れとなります。

・イオンカードの会員サイトにログイン
・「Web明細(環境宣言)」のバナーをクリック
・Web明細の利用規約を確認
・請求額メールを受け取るメールアドレスを入力
・申し込み内容の確認画面が表示されるので、問題なければ「手続き申し込み」をクリック

登録に必要な所要時間は5分程度です。
一度インターネットで手続きをしておけば自動で切り替わりますので、忘れないうちに申し込みをしてきましょう。

ログイン画面右側のメニューにある「ご請求明細書の受取方法」の項目から変更することもできます。
ここで入力するメールアドレスにイオンカードの請求額案内メールが届きます。
どのアドレスを登録するか先に決めてからWeb明細の申し込みを始めるとスムーズです。

Web明細はいつから反映される?

Web明細(環境宣言)の申し込みが反映されるのは最短翌月です。
申し込みが毎月10日までの場合は、翌月の明細からWeb明細に切り替わります。
ただし、申し込みが11日以降になった場合はWeb明細に変更されるのは翌々月の明細からとなりますので注意してください。

イオンカードなら明細の確認もスマート!


イオンカードの明細確認方法であるWeb明細(環境宣言)とアプリ、紙の明細の3種類について解説しました。
明細を郵送してもらうと毎月100円手数料がかかりますので、紙の明細にこだわりがなければWeb明細を使うのがおすすめです。

イオンカードのWeb明細ならパソコンやスマホアプリで素早く明細が確認できて、さらに過去24ヶ月分の明細をPDFで印刷できてとても便利です。
クレジットカードの使い過ぎが心配という方は、明細の管理がしやすいイオンカードを作ってみてはいかがでしょうか。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「イオンカードの明細確認方法は?Web明細の登録方法を解説!