Tavittcoin(タビットコイン)、イーサリアムプラットフォームで取引可能に

「Tavitt(タビット)」が発行するTavittcoin(タビットコイン/TVC)は、Waves(ウェーブス)Ethereum(イーサリアム)の2つのプラットフォームで取引可能になることが明らかになりました。2018年4月末までに実装予定です。

デュエルブロックチェーンによる効果とは

Tavittcoin(タビットコイン)は、Waves上での取引を行っていましたが、今回Ethereum上でも取り引きが可能となりました。ふたつのプラットフォームをデュアルブロックチェーン化にすることにより、プラットフォーム間を自由に移動することができます。

ユーザーはTavittcoinを購入時にどちらかのブロックチェーンを選択できるようになり、「Tavitt(タビット)」が管理するWebインターフェースにアクセスすることで、自由にWavesブロックチェーンからEthereumブロックチェーンへの移動が可能となります。いずれか一方のプラットフォーム上で問題が発生した場合、安全なプラットフォームへ移行できるようになります。
今後は、「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」などのERC20準拠のウォレットでも管理できるようになるようです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Tavittcoin(タビットコイン)、イーサリアムプラットフォームで取引可能に