Airペイ(エアペイ)を店舗に導入することで、キャッシュレス決済による業務効率化が見込めるほか、顧客満足度の上昇やインバウンド対策にも繋がります。

今回は、AirPAYの申し込み方法や審査基準、利用までの流れ、キャンペーンや問い合わせ先について詳しく紹介します。

Airペイ(エアペイ)とは

Airペイは、リクルートライフスタイルが運営をしているキャッシュレス決済サービスの1つです。

Airペイのメリットとしては、初期費用・月額費用がかからない、振込手数料が無料、手数料はかかるが業界の中でも最安値、誰でも簡単に導入可能などが挙げられます。

Airペイには、AirPAY QRやAirPAYなどもあり、QRではAlipay・WeChat Pay・LINE Pay(ラインペイ)・d払いなど多数のQR決済に対応しています。

Airペイでは、Tポイント・Ponta(ポンタ)ポイント・WAON(ワオン)ポイントなど複数のポイントサービスをまとめて導入することができるので、どちらも大変おすすめです。

Airペイ(エアペイ)申し込み方法

Airペイは、エアペイQR公式サイトから申し込みを行います。Airペイの利用にはAir IDが必要となります。

まずはそのAir IDを作成し、AirIDでログインをしたのちに必要事項を入力してください。この時に、必要書類のアップロードも行う必要があります。

Airペイ(エアペイ)審査に必要な書類

本人確認書類、登記簿謄本のどちらかかが必要です。

個人の場合

運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、パスポート、住民票、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書

法人の場合

登記簿謄本

その他

業種によって必要な許可証が異なります。
(飲食店営業許可証、美容所の開設届、動物取扱業登録証、美容師免許、医師免許、建築士免許、一般乗用旅客自動車運送事業許可証、運転代行業者認定証番号、古物商許可証など)

個人も法人も必ず提出するもの

店舗確認書類

①申し込み

Airペイへの申し込みは、通常10分~20分で完了します。
店舗情報や口座情報、法人の場合は法人情報を入力します。
また、キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申し込みを希望する場合は、登録情報を入力してください。
審査書類のアップロードが必要となりますので、書類を事前に準備しておきましょう。

②審査

審査はおおよそ3日程度で結果が出ます。
登録したAirIDのメールアドレスに送信されるほか、管理画面でも確認することができます。

※申込みが多く混雑してる場合は審査に時間がかかる場合があります。

③配送

審査が完了すると、登録した店舗にカードリーダーや操作マニュアル、加盟店ステッカーなどが届きます。

④初期設定

お手持ちのiPadまたはiPhoneにAirペイのアプリをダウンロードしてください。
初期設定にはカードリーダーが必要です。カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルを参考にして各種設定を行いましょう。

初期設定までに必要なもの

・iPadまたはiPhone
・カードリーダー
・Apple IDとパスワード
・Air IDとパスワード
・レシートプリンター(任意)

⑤利用開始

カードリーダーとiPadまたはiPhoneを接続できれば、Airペイの利用を開始できます。

Airペイ(エアペイ)QR、利用まで流れ

①オンライン申し込み

必要事項をすべて入力していきます。
通常5分~15分程度かかります。

②必要書類や申込書の同意

申込書に入力後、Airペイからメールで案内が届きます。このメールに返信するかたちで必要書類(PDFまたはJPG形式のもの)を添付してください。

これらに不備がなければWebサイト上でさらに次の段階へと誘導があります。

誘導された先で各規約類・注意事項・契約条件などを確認した後に同意をすれば、ようやく申込みが完了になります。

本人確認書類として、住民票の写し・運転免許証と公共料金の請求明細書、健康保険証と公共料金の請求明細書、運転免許証と健康保険証のいずれか1点と、個人事業の開業届出書の写しが必要です。

③審査開始

②の同意後、審査が開始されます。
(審査は提携先の株式会社イーコンテクストが行います。)

④利用開始

③の審査に通れば利用を開始することができます。
IDやパスワードを発行した後、「Airペイ QR」アプリをダウンロードし、ログインをして利用してください。

Airペイ(エアペイ)ポイント、利用までの流れ

①申し込み

Airペイポイントを利用するためには、株式会社ジェーシービーが提供をしているPOICHIへの申し込みが必須です。
この際、登記簿謄本や許可証等などといったものを準備しておくようにしましょう。

②審査

申込み後審査に入ります。結果は通知にて届きます。

③機器類の準備

iPadまたはiPhoneを準備しておきましょう。
(審査が完了すれば代引きで専用のカードリーダーが届きます。)

④利用開始

審査に通り、一通りの設定が完了すれば、利用を開始できます。

Airペイ(エアペイ)のお得なキャンペーン

Airペイは現在、導入費が無料になるキャンペーンを開催中です。申し込むだけでiPadやカードリーダーが0円で手に入るので、タダでAirペイを始めることができます。

ただしこのキャンペーンは、キャッシュレス・消費者還元事業などの登録対象となる中小・小規模事業者、そしてAirペイから登録・申込みを行うことのできる店舗が対象です。誰にでも0円で配布しているわけではないので注意してください。

自身の会社が対象となっているのか、対象となっていないのか事前に確認をしておくようにしましょう。

Airペイ(エアペイ)の問い合わせ先

Airペイでは、何か困ったことがあった時などに対応してくれるところがあります。3つの問い合わせ方法がありますので、それぞれ説明します。

電話

まずは電話窓口です。電話番号は、0120-39-4861。24時間対応ではありませんが、年中無休で9:30〜23:00まで受付しています。様々な問い合わせ方法がある中で、やはり直接話すことの出来る電話は、1番便利な問い合わせ方法です。

問い合わせフォーム

電話する時間のない方には、問い合わせフォームからの問い合わせがおすすめです。遅い時間や早朝でも、フォームから質問事項などを送っておくことができます。口座情報の確認・変更について、登録情報の確認・変更について、決済の取り消し依頼、決済端末の切り替えまたは増設を依頼するなど、問い合わせ内容によって問い合わせる場所が違うという点だけ注意が必要です。

チャット

チャットの対応時間は11:00〜19:00です。AirPAY FAQまたはAirPAYのどちらかの管理画面から、チャットで問い合わせられるようになっています。チャットでの問い合わせは、まるでLINEをしているかのような気軽さが魅力的な部分です。

キャッシュレス・消費者還元事業の問い合わせ先

消費税の増税が施行された2019年10月からは、Airペイについての問い合わせではなく、キャッシュレス・消費者還元事業についての問い合わせをしたいという方も増えています。そんな方のための問い合わせ先も準備されています。

電話番号は0120-19-4861、対応時間は平日の10:00~19:00のみです。はじめは自動音声による誘導から始まりますので、その指示に従って進めてください。

Airペイ(エアペイ)の申し込みは簡単!キャンペーン中に導入しよう

Airペイを導入したいけれど、申し込み方法がよくわからないなどの理由で導入を悩んでいる事業者・店舗運営者様が多くいます。

店舗に導入すること自体は、申し込みをすることで審査通過後すぐにAirペイを利用することができます。

Airペイの申し込みは簡単ですし、キャンペーン中の今なら導入費もかけずに使い始められようになっています。

万が一困ったことがあっても問い合わせ先は多数ありますので、忙しいから何かと大丈夫かな、というような心配も不要です。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Airペイ(エアペイ)申し込み、審査の流れ、問い合わせ先について解説!