共通ポイントでは後発組である「dポイント」ですが、今やすっかりメジャーになり、加盟店は増え続けています。
dポイントを効率的に貯めるためには、クレジットカードが1枚欲しいところです。
今回は、クレジットカードの「dカード」で、dポイントを効率的に貯める方法を紹介します。

dカードについて詳しくはこちら

dカードとは

dカードは、NTTドコモの提供するクレジットカードです。
スタンダードクラスのdカードは年会費「実質無料」でしたが、さらに2019年10月から永年無料、つまりカードを一切使わなくても年会費が無料のカードとなりました。
NTTドコモは、ユーザーを囲い込まない開放策をとっています。
共通ポイントのdポイントも、クレジットカードのdカードも、携帯電話キャリアに関係なく利用できます。

dカードのdポイント還元率は?

dカードのポイント還元率は1.0%。100円利用につき1ポイント(1円相当)と、高率です。
楽天カード、Yahoo!カードといった人気のカードと同等の還元率です。
dカードを含むこの3枚は、いずれも各種QRコード決済サービスとの組み合わせで特に威力を発揮する点も共通しています。
dカードは、キャッシュレス時代を支える基本の一枚となっています。

dポイントはどこで貯められる?

dポイントはここ数年で爆発的に普及しました。
ドトールコーヒーや三越伊勢丹はTポイントを廃止し、dポイントに切り替えたことや、ファミリーマートでもdポイントが貯まるようになっています。
さて、dカードをdポイントカードとして提示すると、業種をまたぎさまざまなお店でdポイントを貯めることができます。
そして、dカードの決済であれば、利用するお店を問わずあらゆる決済で貯まります。
dポイント加盟店でdカードを使う場合、提示と決済とでWポイントとなります。

dカードで支払いするとdポイントが貯まる

クレジットカードは、もともとカード独自のポイントプログラムが多かったのですが、最近では直接共通ポイントが貯まるものが増えました。
移行の手間なく、どんどんdポイントが貯まります。
dカードとdポイントの関係も、このタイプ。dカードを利用すると直接dポイントが貯まります。
dカードを生活の中心に置くことで、カード利用のすべてがdポイントになります。
ただし気を付けるべき点がひとつあります。
ドコモの携帯電話ご利用料金、ドコモ光利用料金をdカードでの引き落としに設定しても、dポイントは貯まりません。
キャンペーンが開催されている期間は優遇されるケースもありますので、携帯電話料金をdカードで支払って無意味とまではいえません。
ですが、以下で紹介するdカード GOLDを持っているとを毎月のドコモの携帯電話ご利用料金、ドコモ光利用料金の10%dポイントの還元となります。

dポイントはドコモのケータイや「ドコモ光」の利用料金でも貯められる

dカードにはゴールドカードもあります。年会費は1万円(税別)。
そのdカードGOLD、他のカードにはおよそ見られないユニークな特色を持っています。それが、ドコモの携帯電話やドコモ光の利用料金に対してdポイントが付与されること。
1000円ごとに100ポイント(100円)なので、10%とかなりの高率です。
料金プランによる割引を引いた後の金額に対してdポイントが付与されますが、携帯電話利用金額の高い人の場合、1年間でゴールドカードの年会費を上回る高いポイントが付きます。
ドコモヘビーユーザーなら、ゴールド年会費を取り返せることがあるのです。
少々わかりにくいのですが、利用料金のカード決済をしてもそこにはdポイントが付きません。ドコモの料金が発生していること自体にdポイントが付きます。
この点ドコモユーザーでも見逃しがちなので気を付けましょう。
整理します。

・dカードGOLDを持っていると、ドコモの料金発生に対してdポイントが貯まる
・料金をdカードで決済しても、dポイント貯まらない
・ドコモの携帯電話利用料金、ドコモ光利用料金は、ポイントの貯まる他のクレジットカードで支払ったほうが良い場合もある。


dカードを使ってdポイントをお得に貯める方法

dポイントは、以下の通りさまざまな方法で貯まります。

・dポイント加盟店で、dポイントカードでもあるdカードを提示
・dカードで決済(ドコモ電話料金以外)
・dカードと紐づけた電子マネー、iDで決済
・dカードと紐づけたQRコード決済の「d払い」で決済

重複してポイントが貯まるというのも、大きなメリット。
dカードで決済するときには、次のポイントを押さえておきましょう。

・dポイント加盟店で買い物する
・dカード特約店で買い物する
・上記以外のお店でも、d払いやiDによる決済を積極的に利用する。

dポイント加盟店とdカード特約店とがそれぞれある点、やや複雑に思えるかもしれませんが、心配するほどのことではありません。
さしあたって、dカード特約店だけ覚えておきましょう。

dカード特約店での利用でもっとお得

dカード特約店とはdカードで決済した際、dポイントがさらに大きく貯まるお店のことです。
通常の、100円ごとに1ポイント貯まる以外に、100円ごとに1~2ポイントのボーナスが付きます。
dカード特約店の一例を見てみましょう。

・伊勢丹/三越
・高島屋
・タワーレコード
・ENEOS
・紀伊國屋書店
・洋服の青山

ポイント2~3倍以外となる上記店舗以外に、割引のある店舗もあります。

・ローソン(3%オフを含む5%還元)
・ノジマ(3%オフ)

dポイント加盟店での利用でもっとお得

dカード特約店とは別に、あらゆる業界にdポイント加盟店があります。
dカードユーザーの場合、カードの提示、それから決済で、それぞれdポイントが貯まります。
数が多過ぎてとても紹介できませんが、一例として「マツモトキヨシ」を紹介します。
dカードの提示と決済で、dポイントが最大4%貯まります。

dポイントはいつ貯まるか、確認方法

さて、dポイントはいつ反映されるでしょうか?
共通ポイントであるdポイント、さまざまな方法で貯まるため、反映時期もまちまちです。
dポイントの付与のタイミングについて紹介します。

dポイントはいつ貯まる?

クレジットカードの決済で貯まるポイントは、一般的には引き落としが済んでから反映されるもの。
ですが、dカード利用の場合のポイントは、利用日の数日後に付与されるので、迅速です。電子マネーiDや、QRコード決済のd払い利用によるポイント付与も同様です。
dカードGOLD限定の、ドコモ利用料金に応じて付与されるdポイントは、毎月10日に付与されます。

dポイントの残高確認方法

貯まったdポイントは、Webサイトおよびスマートフォンアプリの「dポイントクラブ」にログインして確認できます。
ポイント合計だけでなく、個別のポイントを、それから期間限定のポイントがある場合は、失効日を併せて確認できます。
貯まったdポイントは、1ポイント1円で、dポイント加盟店で利用することができます。
携帯電話の料金に充当など、他にも使い方は多数あります。

dカードでdポイントをお得に貯めよう

dカードは携帯電話系のクレジットカードですが、それ以上の存在です。
dポイント加盟店がどんどん増えていて、使える場所が広がっています。
キャッシュレス決済導入が進む中、あらゆるシーンでdポイントをどんどん貯めることが可能です。
dカードをきっかけに、電子マネーやQRコード決済にも気軽にチャレンジできるので、まずdカードを作ってみましょう。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「dカードでポイントをお得に貯めるには?還元率や使い方を紹介