ガソリンスタンド「ENEOS」を展開する石油元売大手のJXTGエネルギーが、広島県広島市において法人向けに「広島お届けカーシェア(仮称)」の実証実験を開始します。

必要な時に車両をデリバリー・引き取り

JXTGエネルギーが開始する「広島お届けカーシェア」は、業界初となる「デリバリー型カーシェアリングサービス」です。ユーザーの乗車場所まで配送スタッフが車両のデリバリー・引き取りを行うため、ビジネスシーンにおける移動の効率化が期待できます。

乗車・降車場所は広島市の都心部(中区およびその周縁部)を指定でき、9:00〜18:00の間利用可能。本日10月3日(木)よりモニター会員の募集を開始しており、車両台数を3台から100台まで順次拡大し来年度には有償サービスへ移行するといいます。

また、来年度には「広島お届けカーシェア」において個人向けカーシェアサービスも展開予定。
1台のシェアリング車両を「法人向け業務用」「個人向け通勤用」「プライベート用」の3つに分けて利用でき、稼働時間帯や曜日が偏るという従来のカーシェアサービスが抱える課題の解決を目指します。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「JXTGエネルギー、広島でカーシェアの実証実験 スタッフが乗車場所まで車両をデリバリー・引き取り