荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」は、株式会社第一興商と2018年11月に締結したサービス提携に基づき、東京・千葉・大阪の「ビッグエコー」計7店舗にecbo cloakを追加導入しました。

インバウンド集客を視野に大阪のビッグエコーへ初導入


「ecbo cloak」は「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスです。アプリやネットで事前予約を行い、カフェ、美容室、郵便局、駅など多種多様なスペースをコインロッカー代わりにし荷物を預けることができます。

9月13日(木)より順次予約開始予定となる水道橋店は東京ドーム、海浜幕張店は幕張メッセやZOZOマリンスタジアムなど、多くの大規模イベントが開催される施設が近隣にあり、他の店舗においても外国人観光客も多く集まる繁華街に位置しているため、多くの荷物預かり需要が見込まれるとのことです。

これにより、東京・千葉・大阪のビッグエコー計12店舗でecbo cloakの利用が可能になりました。

ecbo cloak導入概要

予約開始日:2019年9月13日より順次予約開始予定
預かり開始日:2019年9月13日より順次預かり予定
各店舗詳細:以下参照
利用料金*:バッグサイズ:300円/個・日、スーツケースサイズ:600円個・日(税込)
当日予約:可能
複数日予約:可能
* バッグサイズ:最大辺が45cm未満の大きさのお荷物(例:リュック、ハンドバッグ、お手荷物など)、スーツケースサイズ:最大辺が45cm以上の大きさのお荷物(例:スーツケース、ベビーカー、ギターなど)

情報提供元:BITDAYS
記事名:「荷物預かりのシェアリング「ecbo cloak」、大阪エリアの「ビッグエコー」で利用可能に