カシオ、QRコード決済対応のレジ発表 専用端末で決済サービスを自動判別

カシオ計算機が5月31日(金)、ネットスターズのQRコード決済端末「StarPay」と連動する電子レジスター「SR-S200」を発売します。

StarPayでQRコード決済サービスを自動判別

「SR-S200」はネットスターズが提供する「StarPay」とBluetooth Low Energy(Bluetoothの通信を低電力で行うモード)で連動することが可能。「StarPay」ではPayPay(ペイペイ)LINE Pay(ラインペイ)楽天ペイなどといったQRコード決済サービスを自動で判別し決済を行います。

アプリ「CASIO ECR+」との連携機能も搭載されており、商品名や価格変更などの設定、週次・月次・年次単位での店舗売上のグラフ表示、日誌の作成がスマートフォンから利用可能です。
さらに有料サービス「ECR+プレミアム」を活用することで、仕入と粗利の管理や顧客・予約の管理も行えるとのこと。店舗業務の効率化を図れるほか、売上情報をスムーズに可視化できるようになります。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「カシオ、QRコード決済対応のレジ発表 専用端末で決済サービスを自動判別