セブンイレブン、消費期限が近い食品を実質値引きへ nanacoポイントで還元

セブンイレブン・ジャパンが全約20,000店舗のセブンイレブンにおいて、消費期限が近い弁当やおにぎりなどの食品を購入した客にポイント還元を実施することが明らかになりました。

nanacoポイントで実質値引き

セブンイレブンでは2019年秋より、消費期限5時間前に迫った食品をnanacoポイントで還元する実質値引きを開始することがわかりました。
値引き原資は本部が負担するとのこと。売れ残りを減らすことで加盟店の廃棄費用の負担を減らすほか、まだ食べられる食品を廃棄してしまう「食品ロス」の削減につなげるとしています。

2019年2月には経済産業省が主催する、食品ロス削減を目指す「次世代店舗実証実験」が実施されています。ウエルシアやココカラファインなどで消費期限が迫った商品をLINE Pay(ラインペイ)で支払うと、LINEポイントが還元される仕組みとなっています。

6月からは愛媛県と沖縄県のローソンでも、夕方以降に消費期限が迫った食品をポイント還元する実験を開始する予定です。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「セブンイレブン、消費期限が近い食品を実質値引きへ nanacoポイントで還元