手羽先の「世界の山ちゃん」がLINEの決済サービス「LINE Pay」を導入!

本日12月6日(木)から、LINEの決済サービス「LINE Pay」が名古屋を中心に展開する居酒屋「世界の山ちゃん」で利用可能になりました。

エスワイフードが展開する飲食店で「LINE Pay」決済が可能に


以下、プレスリリースより引用。

LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高 永受)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」(http://line.me/pay)において、本日より、株式会社エスワイフード(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:山本 久美、以下「エスワイフード」)が展開する全国の「世界の山ちゃん」を含む飲食店で、スマートフォンでのお支払いが可能になりますので、お知らせいたします。
「エスワイフード」は、手羽先メニューで著名な「世界の山ちゃん」をはじめとする飲食店を、日本国内だけに留まらず香港、タイ、台湾、マレーシアでも運営しています。このたび、さらなる顧客利便性を目指し、スマートフォンでお支払い可能な「LINE Pay」の導入が決定いたしました。本日より、店舗でお使いいただけるようになります。

注意事項
八王子 世界の山ちゃん、世界の山ちゃん四日市店、世界の山ちゃんセントレア店、世界の山ちゃんすすきの南三条店、世界の山ちゃん河原町店、世界の山ちゃん三条木屋町店、世界の山ちゃん東岡崎駅前店、その他テイクアウト専門店は利用対象外です。

「LINE Pay」は、「LINE」ユーザーであればどなたでも「LINE」アプリ内から規約に同意するだけで即時登録完了、利用開始することができます。ご登録後、銀行口座やコンビニなどから事前に残高をチャージいただくと、「LINE Pay」に対応する街中の店舗や自動販売機、オンラインショッピングサイトなどで、スマートフォンさえあればお支払いが可能になるほか、LINEの友だちとのトーク上で、手数料無料での送金も可能になります。
「エスワイフード」店舗では、スマートフォンで「LINE」アプリから「LINE Pay」の「コード支払い」画面を表示し、QRコードを決済端末で読み取ってもらうことで、事前にチャージした残高からの支払いが可能になります
「LINE Pay」は、お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。

「LINE Pay決済(QRコード)」の利用方法

1)スマートフォンの「LINE」内、「ウォレット」タブ上部の「コード支払い」をタップ
2)パスワード(※)を入力し、コードを表示する(※「LINE Pay」起動時に入力済みの場合は不要)
3)店員にコード画面を提示し、決済する旨を伝える
4)決済端末でQRコードを読み取る(店員側で操作)
5)レシートを受け取る(決済完了時点で、お手元の「LINE」アプリに完了のメッセージが届きます)

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

株式会社エスワイフード 概要

社名:株式会社エスワイフード
本社所在地:愛知県名古屋市中区新栄一丁目22番24号
代表者:代表取締役 山本 久美
資本金:9,900万円
創業:1981年6月14日
主な事業内容:国内外での飲食店経営、FC事業、通販事業

LINE Pay株式会社 概要(2018年5月11日時点)

社名:LINE Pay株式会社
本社所在地:東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 23階
代表者:代表取締役CEO 高 永受
資本金:3,600百万円
設立:2014年5月9日
主な事業内容:
‐ 電子マネーその他の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売並びに管理、電子決済システムの提供
及び資金移動業
‐ 「LINE@」の販売・運営
– 「LINE家計簿」の運営
‐ サービス開発事業
‐ 広告代理事業
LINE公式アカウント:@linepay_jp
公式twitter:https://twitter.com/linepay_jp

使えるお店一覧:https://line.me/ja/pay/merchant

情報提供元:BITDAYS
記事名:「手羽先の「世界の山ちゃん」がLINEの決済サービス「LINE Pay」を導入!