Tron財団が8億ドル相当のTRX ERC-20トークンのバーン(焼却)を実施!

Tron(トロン/TRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が、8億ドル相当のTRX ERC-20トークンのBurn(バーン/焼却)を実施したと発表しました。

バーンでTRXの価値を向上

「Burn(バーン/焼却)」とは、保有する仮想通貨を永久に使えなくすることでその通貨の希少価値を上げることを指します。
Tron財団は日本時間11月1日(木)に、8億ドル相当のTRX ERC-20トークンのバーンを行いました。サン氏は今回のバーンに対して「TRX ERC-20トークンはすぐに遺産となるだろう。お土産として1つ保有しておくことを忘れないようにね」と述べています。
なおTRXのバーンは、6月のネットワークからの独立時と10月にも行われています。バーンを行うことで、TRXの価値の向上が期待されています。

関連記事

仮想通貨トロン(Tron/TRX)の特徴、将来性、評判、価格、取り扱い取引所は?
「ERC20」とは?初心者向けに仮想通貨の専門用語を解説!
仮想通貨の「バーン(burn/焼却)」とは?一体何が起こる?
TRON財団が仮想通貨Tron(トロン)10億TRXをバーン

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Tron財団が8億ドル相当のTRX ERC-20トークンのバーン(焼却)を実施!