“レジ無し”ローソンオープン!コンビニでのキャッシュレス決済加速となるか

ローソンが10月9日(火)、秋葉原の「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」を都市型の実験店舗としてリニューアルオープンしました。

「ローソンスマホペイ」でゆっくりお買い物


JEBL秋葉原スクエア店ではレジが設置されておらず、スマートフォンアプリ「ローソンスマホペイ」を使った決済の実証実験が行われています。店内のどこにいても買いたい商品のバーコードを「ローソンスマホペイ」で読取ることが可能であり、店を出ると自動的に決済が行われるようになっています。現金を出す必要がなくレジに並ぶ必要がなくなるため、お弁当やお菓子などの商品をゆっくり選ぶことができるようになるでしょう。

現在ローソンでは、他のコンビニチェーンより豊富な決済手段に対応しています。交通系電子マネーや「QUICPay」、「iD」、「楽天Edy」などといったメジャーな決済手段はもちろんのこと、「LINE Pay」、「楽天ペイ」、「支付宝(アリペイ)」などバーコード決済にも対応しており、キャッシュレス決済に寛容な姿勢を見せています。
今回新たな「ローソンスマホペイ」を用いる都市型の店舗をオープンしたことで、ローソンはもちろんのこと、他のコンビニチェーンでもキャッシュレス決済が加速していくかもしれません。

関連記事

みずほ情報総研とローソンがブロックチェーン活用の食品管理実証実験を実施!
高島屋やローソンも。相次ぐ決済のキャッシュレス化

情報提供元:BITDAYS
記事名:「“レジ無し”ローソンオープン!コンビニでのキャッシュレス決済加速となるか