マスターカード、ひとつのブロックチェーンで異なる複数の通貨を取り扱える特許を取得!

クレジットカード世界大手で知られるmastercard(マスターカード)がブロックチェーンを活用した新たな特許を取得しました。

ブロックチェーン活用の特許取得に積極的なマスターカード


米国特許商標庁によると、取得した特許名は「分割されたブロックチェーンのための方法・システムと許可されたブロックチェーンのための強化されたプライバシー」とのこと。
従来は複数の異なる通貨に対し複数のブロックチェーンを必要としていましたが、この特許を活用することで異なる複数の通貨をひとつのブロックチェーン上で取り扱うことができるようになります。また、ブロックチェーンの展開と操作に必要なコンピューティングリソースや処理能力を削減できるとしています。

マスターカードは以前からブロックチェーンを活用した特許を多く取得しており、アイルランドにてブロックチェーン技術者の採用活動も行なっています。さらにCFOのマルティナ・フンメイン氏は仮想通貨に対し寛容な姿勢を見せており、伝統的な金融機関であるマスターカードが仮想通貨やブロックチェーンの活用・理解に積極的になってきていることがうかがえます。

関連記事

大手クレジットカード会社マスターカードが仮想通貨決済の時間を短縮する特許申請!
大手クレジットカード会社MasterCardがカード決済のブロックチェーン特許申請!
マスターカード、アイルランドでブロックチェーン技術者採用へ

情報提供元:BITDAYS
記事名:「マスターカード、ひとつのブロックチェーンで異なる複数の通貨を取り扱える特許を取得!