仮想通貨の「スプレッド」とは?その意味と算出方法、取引所別の価格を紹介!

2017年末から2018年初頭にかけての仮想通貨市場全体の大幅な急騰や、各種CMでの宣伝などを通じて大衆への認知が広まりつつある仮想通貨。

しかし、仮想通貨に伴う相次ぐネガティブニュースや仮想通貨関連の用語の難しさなど、投資経験の無い初心者には依然として参入障壁も高いようです。実際は仮想通貨の取引を行う手順は容易なものですし、仮想通貨関連の用語をチェックしておくだけでも、取引を行う上でスムーズに手順を踏むことができます。

今回は投資における専門用語の1つである「スプレッド」に関して、仮想通貨におけるの意味と、取引所別の「スプレット」を説明していきます。

仮想通貨の「スプレッド」とは

「スプレッド」とは本来、「広がる」や「差額」という意味を表す用語であり、投資においては、取引対象(ドル円など)の価格の差や金利の差を表す時に使用します。

仮想通貨における「スプレッド」を投資初心者が理解するには、取引所がユーザーから徴収する手数料という認識を持つとイメージしやすいかもしれません(厳密には手数料とスプレッドは異なります)。
例えば、ある取引所でと円の通貨ペアの取引を行う際、1BTCの買値が100万円の時に売値が90万であった場合、買値と売値の差額は10万円あることになります。この10万円の価格の乖離を「スプレッド」と言い、取引の際には10万円以上の利益(この場合は100万円の10%以上の利益)を出さない限り、行った取引は損失となります。
つまり、「スプレッド」の幅が大きくなればなるほど、購入した時点での損失が大きいところからスタートすることになり、より多くの利益を獲得する必要があるので、難しい取引になってしまいます。よって、仮想通貨取引で利益を出すには「スプレッド」以上の利幅を獲得しなければならないということなのです。

トレーダーの中には、この「スプレッド」を上手く利用して利益を出す人もいます。例えば「限月間スプレッド取引」です。これを利用した仮想通貨においての具体例の1つに、ビットコイン先物取引における「限月間スプレッド取引」があります。
「限月」とは決済日のことで、「限月間スプレッド取引」とはSEP(決済日の近い先物)とDEC(次の決済日)間に生じる取引高に応じた価格の乖離を狙い、利益を取る取引手法のことを指します。

仮想通貨取引所によってスプレッドが違う!?

まず前提として、ビットコインなどの仮想通貨の価格は一律ではありません。取引所ごとに取り扱う通貨の価格は異なるということを知るべきです。
こうした価格差が生じるのは、価格は需要(買い)と供給(売り)の上に成り立っており、需要と供給は取引所間で一律ではないからです。ユーザーが多い取引所もあれば、少ない取引所があるので需要と供給のバランスも取引所ごとに異なっています。

こうした価格差のように、取引所によって「スプレッド」も異なりを見せています。
例えばのビットコインの「スプレッド」を確認したい場合は、ビットコインと円の通貨ペアの購入価格と売却価格を比較します。2018年9月27日23時時点での1BTCの購入価格は744,917円、売却価格は727,233円となっており、「スプレッド」は17,684円となっているという見方をします。

なお、「スプレッド」は常に変動しているので、一概には断定することはできませんが、乖離の度合いを定期的に参考程度にはチェックしておいた方が良いでしょう。以下で、取引所における「スプレッド」を比較していきます。

①GMOコイン

GMOインターネットグループが提供する仮想通貨取引所で、使いやすさやスマートフォンのアプリケーションにも対応しており、初心者でも始めやすい仮想通貨サービスを提供しています。のビットコインのスプレッドの幅は平均的におおよそ3%前後となっています。
また、手数料は無料です。

②DMM Bitcoin

は、国内の仮想通貨取引所の1つで、ビットコインの他に主要アルトコインを取り扱っています。
9月28日のある時間での「スプレッド」の一例は、ビットコインの購入価格は759,198円、売却価は778198で19,000円となっています。手数料は無料です。

③BITPoint(ビットポイント)

(ビットポイント)は、高性能トレードプラットフォームのMT4を採用している国内の仮想通貨取引所です。
「スプレッド」の幅は約0.3%から2%前後となっており、手数料は基本的に無料(一部有料)となっています。

④QUOINEX(コインエクスチェンジ)

(コインエクスチェンジ)は、アジア圏を中心に仮想通貨の取引所やビジネスを展開している「QUOINE」が運営する仮想通貨取引所です。
9月28日のある時間のビットコインの購入価格は764,994円、売却価格は765,171円となっており、「スプレッド」は177円です。手数料は無料です。

⑤BINANCE(バイナンス)

(バイナンス)はマルタ島に拠点を置く、世界最大級の仮想通貨取引所です。豊富なアルトコインのラインナップを誇り、日本のトレーダーの多くが利用している取引所です。
9月28日のある時間でのビットコインの購入価格は円に換算すると764471円、売却価格は764683円となっており、「スプレッド」は212円となっています。手数料は0.1%で、手数料をBNB(BINANCEが発行する取引所トークン)で払う設定を行うと50%カットとなります。
また、出金手数料は通貨ごとに差があります。

⑥Poloniex(ポロニエックス)

(ポロニエックス)は、アメリカの仮想通貨取引所で、国内の取引所では扱っていないコインも取り扱っています。
スプレッドの幅も小さく、手数料は取引形態により変化しますが、makerならば0.15%、takerならば0.25%となっています。

仮想通貨取引をするなら「スプレッド」をマスターしよう!

「スプレッド」とは現物価格に対しての購入価格や売却価格の乖離のことを表し、取引高に応じて常に変動していますが、参考程度に確認しておいた方が良いものです。
全体的な傾向として、国内取引所は手数料が無料の取引所もありますが「スプレッド」の幅が非常に大きく、海外取引所は手数料はかかりますが「スプレッド」の幅が小さいと言えます。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「仮想通貨の「スプレッド」とは?その意味と算出方法、取引所別の価格を紹介!