マスクをするとメイクが崩れやすくなる理由

マスクをするとメイクが崩れやすくなる理由は、主に3つあります。

・マスクと肌の摩擦
・乾燥
・湿気


顔にフィットしていないマスクを使うと、マスクがずれて摩擦が起こり、メイクが崩れます。また、肌の乾燥もメイク崩れの原因に。乾燥から肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されると、メイクが落ちやすくなります。湿気もメイク崩れを引き起こす原因の一つです。呼気で湿気がこもったマスクの中はムレやすく、メイクが崩れがちに。

メイクの上からマスクをする時の注意点

メイク崩れが気になる方は、顔のサイズにフィットしたマスクを使いましょう。また、乾燥によるメイク崩れにはスキンケアが重要です。肌に潤いを与えてしっかり保湿し、乾燥を防ぎましょう。スキンケアは、洗顔で肌を清潔にしてから行ってください。適量の基礎化粧品を肌に浸透させ、1~3分ほど馴染ませるのがポイントです。すぐにメイクをすると、化粧下地やファンデーションが肌に密着しません。

マスク着用時のメイク崩れ予防法

摩擦や乾燥を防げたとしても、湿気対策にお困りの方もいるでしょう。実は、ほんのちょっとのひと手間がメイクを崩れにくくしてくれます。そこで、綺麗が長持ちするメイクの仕方をご説明します。

①化粧下地

ファンデーションの前に、土台となる化粧下地を塗りましょう。化粧下地を使うことでファンデーションが肌に密着し、ヨレや崩れを防ぎます。化粧下地は汗や皮脂に強いタイプを選び、肌全体に薄く均一に延ばしてください。

②ファンデーション

ファンデーションは、薄付きで肌に密着するリキッドタイプがおすすめです。ただし、厚塗りすると、メイクが崩れやすくなります。

③チーク

チークにも様々な種類がありますが、パウダータイプだと落ちやすいので、密着しやすいリキッドタイプやクリームタイプを選びましょう。

④パウダー

ベースメイクの仕上げには、フェイスパウダーを使って余分な皮脂を抑えましょう。ただし、厚塗りするとメイクが崩れやすくなるので、フェイスパウダーの付けすぎもNG。パフやブラシについた余分な粉は、一度落としてから肌に乗せてください。チークの上にもパウダーを乗せると、メイクが崩れにくくなります。

⑤リップ

リップはグロスタイプだと落ちやすいので、ツヤのないマットタイプやリップティントがおすすめです。塗った後にティッシュオフすると、綺麗な仕上がりが持続します。

⑥フィニッシングミスト

仕上げには、メイクの密着度を高めるフィニッシングミストを使いましょう。フィニッシングミストはメイク崩れだけでなく、肌に潤いを与えて乾燥も防ぎます。

崩れにくいメイクで、マスクの下も綺麗をキープ!

まだまだマスクの出番は続きそうですが、メイクのコツを覚えておくことで、マスクを外した時の印象が変わります。マスク着用時のメイク崩れが気になるという方は、是非実践してみてください。

情報提供元:女美会
記事名:「マスクをしても綺麗が持続!メイクを崩れにくくする方法