1.デザインを考える

まずは、どんな眉毛にするか、サロンのお姉さんが親身になって一緒に考えてくれます。

私は松島花さんや長谷川潤さんのような、真っ直ぐでお山がある太めのフサフサ眉毛に憧れていたので画像を見せながら希望を伝えました。

そこで私の眉毛の特徴や、近づくためにこの辺りを削っていきましょう! などの提案をしてくださいました。

2.コンシーラーで型取り

先ほどお伝えした希望の眉になるように、コンシーラーで不必要な部分を消してくださいます。これなら、一気に脱毛してしまいイメージと違った! と落胆してしまうことを防げたり、実際にやってみたら似合わなかったということがないのでとても安心できます。
この時点でもっとこうしたい! などの希望を伝え、理想とするイメージを形にしていきます。

3.ワックスで脱毛

コンシーラーで消した部分の毛を無くすために、ブラジリアンワックスのようなもので脱毛していきます。
私にとって初めてのワックス脱毛だったので少しドキドキ。
抜く瞬間はあまり痛みを感じませんでしたが、そのあと皮膚が少しヒリつきました。
ですが、脱毛後に数分間冷たいコットンを置いて休ませてくださったのですぐに治りました。

ワックス脱毛をすると角質が除去されてお肌がツルツルになる効果もありますが、逆に刺激が強くてダメージが残る方もいらっしゃるようなので、その点も施術前に相談してみてくださいね。

ワックス脱毛で取り切れなかった毛はピンセットで抜きます。

4.描き方をレクチャー

ここが一番重要!
お家に帰って明日からも理想の眉を継続すべく、真剣モードです! 笑
普段描きづらい方の眉を鏡を見て説明しながら描いてくださいます。
私は、眉頭が上手く描けず全体的にのぺっとした仕上がりになるのが悩みでしたが、お姉さんは見事に書き上げてくださいました!!

使用するペンシルのカラーですが、髪色よりワントーンかツートーンほど明るいカラーを使うといいそうです。ですがそれは、眉尻を描く時で、眉頭はそれより暗いトーンで描く必要があるそうです!
カラーを2色使うなんて考えたこともなく、どうりで取って付けたような眉毛になっていたはずだ…と、目から鱗でした!

ヘアカラーをしていない黒髪の私の眉頭に使った色は、チャコールグレーでした。
描くと一本一本が立った毛を表現してくれて、憧れの花さんや潤さんに近づけた気分になりました…!

仕上げに透明の眉マスカラを塗って更に立体的に仕上げて下さいました。
そこから気になる部分を整えていきます。

私の眉毛は割としっかり生えていて、1本1本が太いので1本抜くだけで穴が空いてしまいます。そんなところも説明しながら調整してくれました。

5.施術を終えて

百聞は一見にしかず。ご覧ください。この違い!

のっぺり眉から一本一本が際立った立体眉に大変身!
顔全体の雰囲気も大人っぽくキリっと変わりました!
やっぱり眉って大切なんですね。

眉サロンの料金と通う頻度は?

私がお世話になったサロンでは、再来する時期が早いほど安い価格で施術を受けられるメニューがありました。(現金払いとクレジット払いで多少差があります)

初回2週間以内3週間以内4週間以内
5,000円3,150円4,200円5,250円

私は初回なので少し様子を見ているんですが、1ヶ月も経ってしまえば、気がつかないうちに産毛が生えてきていて、少し元に戻っている気もします。

ですが、描き方を覚えたこともあり自分の顔に馴染んだ眉を維持出来ていると思います。
生えてくる周期や戻り方は人それぞれだと思うので、そこはどうしても体感になってしまいますが、今の眉もとてもお気に入りで施術を受けて本当によかったです。

施術当初の状態を保ちたければ、2週間ほどで再来するのがいいのではないかと思います。私は、描き方をレクチャーしていただいたことで毎日の眉メイクが随分と変わっていることを実感しているので、たった1回の施術で十分に満足しています。
また形を変えたくなったり、思うように描けなくなってしまったらお邪魔しようと考えています。

6.まとめ

眉サロンはこんな場所だった!

・自分の希望に合わせた眉の仕上がりを一緒に考えてくれる
・自眉の特徴を踏まえてコンシーラーやワックス脱毛、毛抜きなどを使って整えてくれる
・アイブロウメイクをしてくれ、翌日以降も自分で描けるよう指導してくれる

7.注意事項

最後にサロンが提示している注意事項についてお伝えします。
・ワックス脱毛で皮膚が荒れたり、形に満足出来なかった場合などを考慮して大事なイベントの前は施術を控える。
・短い眉では、どうしても施術が限られてしまうので数週間眉を生やして行く。

いかがでしたか?
もしも眉に悩みを抱えているならば、一度プロのお力を借りてみるのもいいかもしれませんね!

情報提供元:女美会
記事名:「理想の眉への近道!! 話題の眉サロン潜入体験記