その化粧品、いつから使ってる?30代になったらお手入れを見直そう!

ずっと同じお手入れをしているのに、なんとなくお肌の調子が悪い……とか、トラブルが出るようになってきた……なんてことはありませんか?化粧品を変えた方がいいのか、お手入れの仕方が間違っているのか、モヤモヤした想いを抱えながらお手入れを続けるのはツラいですよね。

そんなあなたにまずお伺いしたいのが、その化粧品をいつから使っているか?ということです。

もう何年も化粧品を変えていないとか、20代からずっと同じ化粧品を使っているなんてことはないでしょうか?

20代と30代では、お肌の状態は大きく変わります。
「30代になると悩みが増えるよ」なんて女性はお話したりもしますが、それもそのはず。歳を重ねるにつれ、お肌のバランスも変化していくので、その時その時に合わせたお手入れをしてあげないと、お肌悩みやトラブルとして現れてしまうんです。

20代の頃は、どんなスキンケアをしてもある程度はキレイ。代謝も良いのでターンオーバーも正常に近い方が多く、トラブルが出ても早めに解決できていたのではないかと思います。

ですが30代になると、そうはいかなくなります。例えば同じニキビであっても、20代と30代では原因が変わってきたりもするんです。

なので今、スキンケアにモヤモヤしているのだとしたら、化粧品を見直すことがオススメです。化粧品は年齢に合わせて作られているものが多いので、美容部員さんに相談するなどして、今の自分に合った化粧品を使いましょう!

「乾燥」に要注意!保湿を意識したお手入れを優しくおこなって

さらに30代のお手入れで特に気をつけて欲しいのは、「乾燥」です。
自分では「乾燥していない」「どちらかというとベタつく」「部分的にベタつくところがある」と感じていても、乾燥している人はかなり多いのが現状。乾燥はさまざまなお肌悩みの原因となるので、しっかりと保湿を意識したお手入れをしていくことで、トラブルを防いでいくこともできるんです。

例えば、これまではしっかりと落とせるオイルタイプのクレンジングを使っていたのであれば、30代からはミルクタイプやクリームタイプに変えるだけでも、お肌の状態は変化します。汚れは落としながらも、必要な皮脂までゴッソリと落とすことなく、お肌にほどよいうるおい感が残るクレンジングや洗顔料を選びましょう。

保湿化粧品では、化粧水だけのお手入れはやめ、乳液やクリームで水分を逃さないようにしっかりとフタをしてあげることが大切です。特にこれからの季節は空気が乾燥するので、クリームを使ってしっかりとお肌を守ってあげてください。

普段ベタつくと思っていても、お肌が乾燥していることから皮脂が分泌されてベタベタとしてしまう場合も多いので、一度しっかりと保湿することを意識してみてください。
目もとや口もとがカサカサする場合は、その部分だけさらにクリームを塗り足してあげても良いでしょう。

お肌の変化は自分を見直すチャンス!今のうちにゆっくり観察してみて

これまでずっとしてきたお手入れでは合わなくなってしまった時、どうすればいいの!?とつい焦ってしまいますよね。たくさんの化粧品を試せるわけではないし、何が正しくて何が間違っているかを見極めるのも難しいと思います。

ですがまずはご自身のお肌を観察したり、化粧品店で相談することから始めてみてください。お肌にとって、水分や油分のバランスも大切です。この時は調子が良かったけど、この時はイマイチだったな、などということをご自身で気づいてあげられると、お肌のお手入れもグンとしやすくなります。

30代でお肌の状態が変化するのは、自分を見つめるチャンスでもあります。特に今の時期からしっかりとお肌に合ったお手入れをしておくと、本格的な冬もトラブルなく過ごすことができますよ。
ぜひ楽しみながら、気分も満たしてくれるような化粧品やお手入れ方法を見つけてくださいね♪

情報提供元:女美会
記事名:「そのお手入れ、今のお肌に合ってる?30代から気をつけたいお手入れのポイント