肌フローラを制してエイジングケアする下地「fracoraモイストフローラベース」

美肌と老化肌の命運を分ける「肌フローラ」バランス

お腹の調子を整えてくれる腸内細菌のバランスを「腸内フローラ」と呼ぶように、肌にも常在菌が存在し、「肌フローラ」と呼びます。
人の肌には約1兆個、およそ200種が存在すると言われていますが、この中には肌を健やかに保つのに働く「美肌菌」がいる一方で、肌荒れの原因になる「トラブル菌」や「老化菌」なんてのもいます。これらの菌のバランスが取れている、つまり肌フローラのバランスが取れていると、美肌を保てるというわけ。逆に、肌フローラが乱れてしまうと肌バリア機能が衰え、老化を進めてしまいます。

肌フローラに働く「うるおい乳酸菌」をメイクに導入

肌フローラのバランスが美肌とエイジングケアのためにはとても重要なのですが、そのためにみなさんが日々やっていることといえば食事やスキンケアなどです。しかし、日中のほとんどはメイクをして過ごすため、せっかくスキンケアしてもメイクによる乾燥などによって肌フローラは乱れやすくなってしまいます。

そこで、fracoraのモイストフローラベースです。
こちらは名前の通り、肌フローラに着目したメイクアップベースです。乳酸菌の一種である「エンテロコッカスフェカリス」(保湿成分)を配合し、肌が本来持つ自ら潤う力を引き出すことで、肌フローラを整えてくれます。

メイク中も肌フローラバランスが保たれるので、美肌だけでなく、老化の加速を食い止めてエイジングケアも叶えてくれるのが、モイストフローラベースなのです。

”素肌美人”にみせてくれる補正機能

いくら肌にいいからといっても、メイクアップベースに求める機能をちゃんと果たしてくれないと意味がないですよね。肌の表面をなめらかに整えること、そして、化粧崩れを防ぐこと、この2点は絶対に譲れません。

その点、fracoraモイストフローラベースは、年齢とともに気になる毛穴の凹凸のカバー効果、ハリアップ効果があり、肌表面を滑らかにピンと張りがある状態にしてくれます。これは数種類の保湿成分の絶妙な組み合わせによる「スムージングフィルム」処方によるもの。肌をキュッと引き上げて、引き締まった印象に仕上げてくれます。

さらに、メイク崩れの原因になる余分な皮脂を、酸化亜鉛が吸着し、適度にさらっとした状態を保ってくれ、メイクの仕上がりを長時間キープしてくれます。

(画像:fracora 公式サイトより)

美肌環境を作って日中もスキンケアしてくれる!

前述した、肌フローラを整えるうるおい乳酸菌「エンテロコッカスフェカリス」を、1本に3,000億個も配合しています。
これによって、自分の皮脂が潤いに生かされるので、大人の乾燥しがちな肌をまるでスキンケアしたてのように維持し、メイク崩れを防ぎます。
つけている間の感覚はまるで、ずっとヨーグルトパックをしているかのようなうるおい感。毎日メイクに使うだけで、肌が老化しにくい環境に整えてくれます。

肌を守るUVカット効果も

肌の老化やダメージの元になるものといえば、やはり思い浮かぶのが紫外線。
UV対策としては、SPF40 PA+++の効果があり、さらに敏感肌にも嬉しい無香料、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、紫外線吸収剤フリー、タール系色素フリーと、お肌に優しい処方です。

様々なシーンに適応

モイストフローラベースの後に使うファンデーションは、リキッドタイプやパウダータイプなど、タイプを選ばずどんなファンデーションとも相性がいいので、お気に入りのファンデーションと合わせていろんな使い方ができます。

しっかりメイクに

仕事やお呼ばれの場など、様々な人と顔をあわせる機会の多い日のしっかりメイクの時でもよれや崩れの心配なし。

モイストフローラベースの後、ファンデーションかBBクリーム、パウダーで仕上げれば、毛穴や小じわなどの細かな凹凸をカバーして美しい仕上がりに。
1日中付けたてのしっとり肌が続きます。

時短メイクに

忙しくてメイクに時間をかけられない時や、軽く済ませたいときは、ベースメイクはパウダーを使わないとか、BBクリームだけという方も多いでしょう。でもそれだけだとやっぱり肌の見え方がイマイチ...なんて時ありませんか? 時間が経つと乾燥してきたり、ムラが出たりすることもあると思います。

そんなときは、モイストフローラベースの後に、BBクリームなどをつけて完成させても、潤いとツヤ感をサポートしてくれるので、仕上がりがワンランクアップ。
みずみずしく自然な皮脂感で若々しい肌印象を作ります。

美すっぴん風に

お化粧ノリが悪い日、週末などで肌を休ませたい日、近所へのちょっとしたお出かけだけ。そんな時のノーファンデメイクにも◎。

これ一つで、毛穴カバーとリフト効果、ツヤ肌が叶います。さらにSPF40 PA+++なので、ちょっとした外出なら紫外線対策もOK。
下地の後にパウダーで仕上げておくとテカリを抑えられてつけたての美肌が長時間持続します。

ベースメイクの乾燥が気になる今の時期からはじめてみませんか?

ただでさえ肌の乾燥が気になる秋から冬の気候ですが、さらにメイクをすると肌の潤いが全部持っていかれちゃう! なんて思う方も多いのでは。
そんな今の時期だからこそ使ってみて欲しいメイクアップベースです。

肌トーンの補正も少ししてくれるので、今日はちょっと肌を休めたいな、という時にこれだけは塗っておくのもオススメです。素肌がキレイに見えるし、お肌ダメージから守ってくれますよ。

情報提供元:女美会
記事名:「素肌美人は肌も腸活? 肌フローラベースメイクで秋冬も夕方まで崩れない!