シュウウエムラ ブランクロマ クロマ4 UVプロテクター

SPF50 PA++++

人気のメーカー、シュウウエムラの日焼け止めです。使用前に容器を振ってから使います。ウォーターレジスタントなので、汗や水にも強いです。画像の通り、テクスチャーはこっくりしていますが、べたつきはありません。塗布して馴染むまでは、少し白っぽくなりますが直ぐに馴染みますので、心配ないです。PAも最大の++++ですから、肌の奥深くまで届くと言われるUV-Aも効果的にブロックしてくれます。

ちょっとそこまで、の外出なら、この上に軽くパウダーをつけるくらいで大丈夫ですよ。筆者は下地としても使っていました。

容量は40ml。右の画像くらいの量で(10円玉2つくらい)、顔と首がカバーできます。
お値段は公式サイトで5,000円(税抜)。顔と首のみの使用なら、一本でひと夏持ちます。

アユーラ ウォーターフィールUVジェル

SPF50 PA++++

こちらも人気の日焼け止め、アユーラのウォーターフィールUVジェルです。ジェルというだけあって、使用感は本当に水のようにさっぱりして、塗布後の肌もさらさらです。こちらの特徴は顔と身体のどちらにも使えるところ。筆者はこちらは主にボディーに使っていました。
SPFもPAも、先に挙げたシュウウエムラのブランクロマと同じですが、決定的な違いがあります。それは何かというと・・・こちらはあまり汗水に強くありません。ですので、長時間のお出かけなどでは持ち歩いて、こまめに塗り直すのが基本です。

容量は75グラム。右の画像くらいの量で肘下くらいは充分カバーできます。
自然派のアユーラらしく、アルコール・鉱物油・パラベン(防腐剤)は無添加。
お値段は公式サイトで3,024円(税込)。ボディーのみの使用で(主に腕と足)塗り直しも含めると、毎日使って二か月くらい持ちます。敏感肌でもこれなら大丈夫、の声も多い日焼け止めです。

へリオケアピュアホワイトラディアンス

60カプセル アジア人向け

こちらは話題に上がることも多い、飲む日焼け止め「へリオケア」です。へリオケアは塗る日焼け止めも出していますが、やはりカプセルを飲むことで日焼けによるリスクが防げるのは画期的ですよね。とは言え、体の中に取り入れることがなんとなく不安な人も多いと思います。ですが、元々は日焼け止めを使えないほどの敏感肌の人向けに開発されたもの。主成分はシダ科の植物から抽出されており、安全面にはかなり配慮された商品です。

画像のへリオケアは美白にこだわるアジア市場向けに、通常のへリオケアにL-システインが配合されたバージョンです。海外のサプリに多い傾向ですが、右の画像でわかる通り、カプセルの色がちょっと飲むのをためらうような鮮やかさですよね。
肝心の効果はというと、SPF値などの記載はなく、1カプセルで4時間の日焼け止め効果があるとのこと。

容量は60カプセルですから、1日2カプセルで8時間として、一ヶ月分に相当します。お値段はAmazonで1瓶5,980円でした。塗るタイプと、状況に応じて使い分ければそんなに極端に高額ではないと思います。

まとめ

人気の日焼け止めを3つ紹介させていただきましたが、読者の皆さんが興味を持った商品はありましたか?これらは全て筆者が実際に購入して使用したものですので、画像も使用した感想もリアルで体験したものです。プチプラな商品はありませんが、お値段以上の効果を実感できるものを厳選しました。

特に筆者はかなりの面倒くさがりなので、へリオケアにはかなりお世話になりましたが本当に焼けませんでした。(あくまでも個人的な感想です)
「飲む」という点で心理的なハードルがある商品ですが、日焼け止め効果はしっかりしていますから、是非トライしてほしい商品です。

日焼け対策は夏だけではなく、1年を通して行うことが大事です。太陽と仲良くしながら、賢く美肌を手に入れましょうね!

情報提供元:女美会
記事名:「人気の日焼け止めを調査!話題のあの商品も使ってみました