化粧下地は皮脂や汗に強いものを

マスクをつけるとメイクが落ちてしまうのは、マスクの中に充満した湿気が原因です。湿気がメイクや皮脂と混ざり合ってドロドロに落ちてしまうんですね。だから化粧下地は皮脂や汗に強いものを選びます。マスクで覆われる鼻や口の周りをとくに念入りに塗っていき、湿気に負けない土台を作っていきましょう。

ファンデーションはリキッドを使う

リキッドファンデーションはもともと水分を含んでいるファンデーションなので、パウダーファンデーションよりもマスクによる崩れを防ぐ力が強いです。また密着力も高いため、マスクで落ちないようにメイクをするならリキッドファンデーションを選びましょう。

マスクへの色移りが嫌なら透明タイプのファンデを使おう

とにかくマスクへメイクが移ってしまうのが嫌だ、崩れている顔を絶対に誰にも見られたくないという方は、色のついていない透明のファンデーションがオススメです。透明なファンデーションは肌に光を集めることでキメの整った肌に見せてくれます。透明なのでどんなにマスクで崩れても色がマスクへ付く心配もありません。

チークはクリームとパウダーの両方使い

クリームチークを塗った上から、パウダーチークを重ねていきます。通常であればどちらか一方しか使いませんが、あえて両方を使うことでマスクによる崩れを防ぐことができるのです。リキッドファンデーションの上からフェイスパウダーをするのと同じように、クリームチークの上からパウダーチークを重ねることでチークの持ちをよくしてあげます。

リップクリームを塗らずにリップをたす

マスクで落ちやすいメイクといえばリップですよね。リップクリームを塗らずにそのままリップをのせることで、色落ちがしにくくなりますよ。リップが唇に直接フィットするのでマスクでこすれても落ちにくいのです。

メイク崩れを防止するスプレーを活用する

実は、メイク崩れを防いでくれる便利なグッズもあるんですよ。専用のスプレーをメイクの上からスプレーするだけで、メイクがマスクへ移ってしまうのを防いでくれます。スプレーをすることでメイクが落ちにくくなるだけでなく、肌に潤いを補給してあげることも可能です。

マスクでメイクが落ちるのを防ごう!動画でメイク方法を確認

マスクをつけても落ちないメイクは、どうやってできる?細かい手順やどれくらいメイクが落ちにくくなるかなど、動画で確認してみましょう。

マスクに付かない!よれない!花粉シーズンおすすめメイク 松川あい編?MimiTV?

こちらのメイクでは、色のついていないパウダーでベースを作っています。リップコートを使うとリップも色落ちしにくくなるそうですよ。メイクがつきにくいマスクの紹介もしています。

マスクにメイクが付かないって本当?byアラフォー

メイクを長時間崩れないようにキープしてくれるスプレーを、実際に使ってレビューしている動画です。スプレーひと吹きでメイクがかなり落ちにくくなっています。

花粉症のためのすっぴん風ナチュラルメイク☆もうマスクを汚さない!

マスクを毎日つけ続ける花粉症の方でも安心、マスクで落ちないメイク方法を紹介しています。こちらはファンデーションを一切使わないメイク方法です。

まとめ

あえてメイクを薄付きにしたり、透明のファンデーションを使ったりすることでマスクによってメイクが落ちるのを防ぐことができます。メイクを落ちにくくするスプレーを使うことでもかなり予防することが可能です。これであなたのマスクでメイクが落ちてしまうのに悩みもぐんと減らすことができるでしょう。

情報提供元:女美会
記事名:「マスクでメイクが落ちないようにするためのポイント