肌全体のくすみを解消するには?

肌全体がくすんでいる場合は、化粧下地やコントロールカラーといったメイク道具の選び方がポイントです。

化粧下地の選び方

くすみを解消するにはパール配合の下地がオススメです。パールが自然に肌を輝かせてくれるので、くすみもキレイに解消されますよ。

コントロールカラーの選び方

くすみを解消するのにコントロールカラーはとても大切なアイテムです。化粧下地にコントロールカラーの役割もあるものを使っている方は、別個で用意する必要はありません。コントロールカラーにはさまざまな色がありますね。くすみを解消するのにオススメなのはパープルです。イエローベースの方もブルーベースの方も使いやすく、自然にくすみを解消してくれます。肌の色が暗めな方は黄色のコントロールカラーが馴染みやすいでしょう。とくにくすみが気になるところに、薄く伸ばして使っていきます。

目元のくすみを解消するには?

目元は皮膚が薄いのでくすみが出やすいところです。目元のくすみはアイシャドウやコンシーラーで解消していきます。上で紹介したコントロールカラーを目元に使うのもいいですよ。

アイシャドウの選び方

ベースとなる色は、パール配合のベージュ系を選びます。中にはカバー力のあるCCクリームや、保湿クリーム配合のベースもありますので、そちらも使ってみるとよいでしょう。化粧下地→ファンデーションと塗った上からパール配合のアイシャドウベースをまぶた全体に塗ります。ベースを塗ったらオレンジや赤みのあるブラウンのアイシャドウを重ねていくと、くすみがパッと飛んで見えますよ。暗いブラウンやグレー系はくすみを悪化させてしまうことがあるので注意。

コンシーラーの選び方

目元のクマもくすみを増悪させる原因です。クマはコンシーラーを使って隠していきましょう。青クマは赤やオレンジ系のものを、茶クマはイエロー系、黒クマはベーシュやオークル系のコンシーラーでうまく隠すことができます。

くすみを解消する方法を動画でチェックしてみよう

どのメイク道具をどのように利用することで、どうくすみが解消されるのか、動画を見ながら確認してみましょう。

マスクでメイクが落ちないようにするためのポイント

化粧下地にパープルの色が付いているもの、イエローの色が付いているものをそれぞれ比較してメイクをしています。化粧下地を塗るだけで肌が明るくなっているのがわかりますよ。

【悩める30代】目の下のクマ・くすみ・シミ解消メイク【最新のコフレドールレビュー】

目元のくすみがコンシーラーできれいに消えていますね。オレンジ系のコンシーラーを使うことでしつこいクマを撃退して明るい肌に仕上がっています。

【メイク】#2 くすみを取るだけで若々しい肌になれる簡単テク:字幕

目元や口元、肌全体のくすみを解消するメイク方法を紹介しています。くすみを取るだけで肌全体がきゅっと上向きになり、若々しく見えるようになっているのがわかるでしょう。

まとめ

くすみをそのままにしているだけで、暗くどんよりとした雰囲気になりますよね。でも化粧下地やコントロールカラー、コンシーラーなどのメイク道具を使うことでパッと明るい肌を作ることができますよ。コントロールカラーをいつものメイクにたすだけでも肌色が明るくなりますので、使ったことがない方はぜひこの機会に取り入れてみてください。

情報提供元:女美会
記事名:「くすみを解消!メイク道具の選び方と利用法