コンシーラー、正しく使えてますか?

コンシーラー、正しく使えてますか?
出典:GODMake.

コンシーラーとは、ニキビやクマなどをポイントでカバーすることのできるアイテムのこと。

ナチュラルメイク派の方や、メイクを簡単に済ませている方のなかには、コンシーラーは使わないという方もいるかもしれません。

ですが、コンシーラーを使ったひと手間を加えるだけで、厚塗り感なく美肌に見せることができるんです!

様々なタイプが販売されているコンシーラー。タイプ別の使い方のコツをご紹介します!

ファンデーションに合わせた、コンシーラーを使うタイミング!

パウダーファンデーションを使う場合

パウダータイプのファンデーションをお使いの方は、化粧下地を塗った後、ファンデーションをつける前に使いましょう。ファンデーションの後にコンシーラーを重ねると、上手く肌に馴染まず、ファンデーションがヨレてしまいます。

コンシーラーを塗ったところにパウダーファンデーションを重ねる時は、圧をかけすぎないように気を付けて、肌にパフを滑らせるようなイメージでファンデーションを付けるのがおすすめです!

リキッドファンデーションを使う場合

リキッドファンデーション、クリームファンデーションをお使いの方は、化粧下地、ファンデーションを塗った後にコンシーラーを重ねましょう。

水分の多いファンデーションをコンシーラーの上から重ねると、せっかく塗ったコンシーラーがファンデーションと混ざってしまいます。

コンシーラーを塗ったところの境目が気になる場合は、フェイスパウダーで仕上げるのがおすすめです!

タイプ別の特徴!

パレットタイプ

パレットタイプ
出典:GODMake.

複数の色のコンシーラーが1つのパレットになっているタイプです。

固めのテクスチャーで、自分でコンシーラーをまぜて色を調節することが出来るのが特徴です。

スティックタイプ

スティックタイプ
出典:GODMake.

リップスティックのような形状で、そのまま肌につけることができるタイプ。マットな質感が特徴です。

固めのテクスチャーで、コンシーラーのなかでもカバー力が高いものが多いです。ハイライトやシェーディングに使うこともできます。

リキッドタイプ

チップ付きタイプ

チップ付きタイプ
出典:GODMake.

リップグロスのような容器に入っているタイプ。伸ばしやすく、カバー力もあるのが特徴です。

筆タイプ

筆タイプ
出典:GODMake.

筆ペンのような形状のタイプ。一番みずみずしいテクスチャーで、カバー力はそんなに高くありません。

広範囲に使いたい時に便利です。

目的別の使い方!

目のクマにはオレンジのコンシーラー

目のクマが気になる方は、オレンジのコンシーラーを塗った上から、少し明るめのベージュのコンシーラーを重ねると、綺麗にクマを隠すことが出来ます!

オレンジ系の色味が入ったコンシーラーパレットがおすすめです!

シミ・そばかすにはスティックタイプ

シミやそばかすをカバーするなら、固めのテクスチャーのスティックタイプがオススメです!

隠したい範囲より、少しだけ大きめにコンシーラーをのせて、境目だけをぼかして馴染ませます。

色の濃いシミには、先に肌より少し暗めのコンシーラーを乗せてから肌色にあったコンシーラーを重ねるのがオススメです!

ファンデーションを使わないナチュラルメイクにはリキッドタイプ

水分の多いリキッドタイプは、固形のタイプに比べて伸ばしやすく、広範囲に使えます。

鼻と頬にだけコンシーラーを馴染ませて、顔全体にフェイスパウダーを重ねるだけで、ナチュラルなベースメイクの完成です!

顔全体にコンシーラーをつけてしまうと、陰影がなくのっぺりした印象になってしまうので、顔の高く見せたいところを意識してコンシーラーをつけるのがポイントです!

自分に合ったコンシーラーを使おう!

カバーしたいこと、使いたい部分によって、使いやすいコンシーラーは変わってきます。

ファンデーションでカバーしようとするよりも、コンシーラーを上手く使ったほうが、より自然に肌をきれいにみせてくれます。

自分に合ったコンシーラーを使って自然な美肌を目指しましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「コンシーラーを上手に使って、ナチュラルな美肌になろう!