ダイエットをするなら「運動」は不可欠。わかっているのに続かない……

「運動」は不可欠
出典:GODMake.

「今日からウォーキングを習慣にしよう」「ジムに入会した」といっているにも関わらず、ほとんどの人が1カ月くらいで挫折してしまうことが多いのではないでしょうか。

だいたい、効果が感じられるようになるには3カ月ほどはかかるといわれているため、それまではなんとか継続したいところ。

では、なぜみんなすぐにダイエットを挫折してしまうのでしょうか。それには、実は理由があったんです。

「すぐに挫折してしまう人」に見られる共通の考え方とは

それでは、具体的に「挫折してしまう人」の共通の考え方を3つご紹介します。当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

①「体重」や「体脂肪」などの数字を意識しすぎる

「体重」や「体脂肪」などの数字を意識しすぎる
出典:GODMake.

ダイエットを始めるとすぐに、「○キロ減ったかな」「体脂肪率がなぜか上がっている」と気になりだす人も多いはず。しかし、運動をはじめて数日、1カ月程度ではなかなか数字にあらわれません。

よく「体重が減った」と喜んでいる人もいますが、これは身体の水分が抜けて一次的に体重の数値が下がっただけで、実際に脂肪が減ったわけではないのです。

また、体脂肪率は家庭用のものとジムなどに置いている業務用の機械では数値が異なる場合があり、体内の水分量などでも変化するものなので、短期的な周期でこまめに確認するのはおすすめしません。

ダイエットをはじめてすぐの時期はとくに、「数字」よりも鏡で見た姿や、手でお肉をつかんだ感覚などでチェックをするのがおすすめ。筆者は、引き締まってくるとおへその形が変化するので、これを一つの目安として気が向いたときに確認をする程度です。

②「ウォーキング」や「ランニング」などの有酸素運動ばかり行っている

「ウォーキング」や「ランニング」などの有酸素運動ばかり行っている
出典:GODMake.

「有酸素運動はヤセる」と思っている人も多いはず。もちろん脂肪を落とすのに有効な運動なのですが、無酸素運動、いわゆる筋トレも組み合わせて行うことをおすすめします。なぜなら、筋肉をつけることで見た目も引き締まり、また筋肉自体に脂肪燃焼の効果が期待できるといわれているからです。

筆者は3年間ランニングのみをおこない、確かに脚の筋肉はしっかりしてきたのですが、上半身に引き締まった印象がありませんでした。そこから筋トレを組み合わせることにより、2カ月目でアラサー女子のお悩みである「背中」や「腰回り」がスッキリ。

もちろん体重や体脂肪率に数値の大きな変化は見られませんでしたが、見た目は大きく変わり、大満足。引き続き、週2回~3回程度のジム通いを継続させています。

「忙しくてジムに行くヒマがない……」という人は、「腹筋ローラー」がおすすめ。「ヨガマット」とあわせて使用すると、自宅でも簡単に筋トレを開始することができます。

ただし、初心者の人は腰に負担をかけてしまい、痛めてしまう可能性もあるので、正しいフォームを意識してトレーニングをスタートさせてくださいね。

③ダイエット以外の「効果」に目をむけない

ダイエット以外の「効果」に目をむけない
出典:GODMake.

運動には健康面でも大きな効果があり、「運動」をはじめてから、筆者は風邪をひきにくくなりました。

また、ウォーキングやランニングなどのリズム運動は、メンタルにも良い影響を与えてくれるのだとか。確かに、モヤモヤした気分のときに運動をして汗を流すと、頭がスッキリした気分になれます。

そして、汗をこまめにかくことによって、身体の内側からデトックスを行う効果も期待できるので、お肌の調子も良くなった気がします。

「運動」は、ダイエット以外にも「健康」や「美容」にも良い影響をもたらすことを意識することで、より継続するモチベーションを保つことができます。

おわりに

今年の夏
出典:GODMake.

いかがでしたでしょうか。今回は、「ダイエットを失敗しがちな人」によくある傾向と、「運動」によるダイエット以外の良い効果をご紹介しました。

今年の夏こそ、「運動」をはじめてみませんか。

情報提供元:GODMake
記事名:「ダイエットがうまくいかない…over30が「運動」でヤセない理由と成功のコツ3つ