アラサーがやっているとイタッ……「いますぐやめるべき」NGメイク4選

それでは、30代の女性がやっていると「おばさん認定」されてしまうかもしれない、NGメイクを4つご紹介しましょう。

①20代を引きずってる……!? バサバサの「まつ毛」

バサバサの「まつ毛」
出典:GODMake.

「まつ毛は盛るほどにいい!」そう思っている人はいませんか?

昔はマスカラを何度も重ね塗りしたり、つけまつ毛をバッチリつけるメイクが流行っていましたが、いまはそうではなく、「ナチュラルメイク」が主流。

「バサバサのまつ毛」は流行遅れでやぼったい印象に……。また、上品なモテメイクを目指すなら絶対NGです。不自然なメイクは男性を引かせてしまうことも……。

アラサーからのまつ毛メイクは、「長く」「繊細に」「自然な」印象を目指しましょう。

②上品メイクとはほど遠い……ガッツリ囲み「アイメイク」

ガッツリ囲み「アイメイク」
出典:GODMake.

こちらの「囲みメイク」も今はあまり主流とはいえません。

アイメイクを強調したい場合には、リキッドライナーでがっつり囲んでしまうと、ケバい印象やなんだか古臭いイメージを与えてしまうので、ペンシルライナーやアイシャドウを活用してナチュラルなぱっちりeyeを目指しましょう。

カラーは黒ではなく、自然な印象のブラウンなどを使用することで、よりナチュラルな目元を作ることができますよ。

また、過度な「囲みメイク」はかえって目を小さく見せてしまうことがあるので、注意しましょう。

③こどもっぽさ全開!? まんまるバッチリ「チーク」

まんまるバッチリ「チーク」
出典:GODMake.

ピンクや赤などの濃い目カラーの「チーク」をガッツリ入れている人は、注意。

「お人形さんみたいでかわいい!」と思いきや、男性から見ると、不自然であまりウケのいいものではなく、濃いめに入れすぎると、「若作りしている」と感じられることも……。

また、同様の理由で、いかにも「メイクしています!」というまんまるチークもやめておきましょう。

ポイントは、「自然な血色感」。あくまでナチュラルな、内側からジュワっとにじみ出るようなメイクを意識してみてくださいね。

また、「さじ加減が難しい……」という人は、ベージュや薄いブラウンを活用するのもおすすめ。お肌になじみの良いカラーなので、ほとんどの人に似あう色味です。ぜひ試してみてくださいね。

④顔と首の色が違う!?「ファンデーション」が合っていない&ベタぬり

「ファンデーション」が合っていない
出典:GODMake.

「あれっ、顔と首の色が違う!?」と他の人の顔を見て、ドキっとしたことはありませんか?

実は、意外と「使っているファンデーションの色が合っていないこと」に気づいていない人も多いんです。

まずは自分の肌の色に合ったファンデーションを選ぶことが大切です。そのために、パーソナルカラー診断などを活用し、自分のタイプを知っていくことも必要。お肌に合わないファンデーションをのせてしまうと変に浮いたり、顔色が悪く見えてしまうので注意してくださいね。

また、ファンデーションをお顔全体にたっぷり、べたっとのせてしまっている人は今すぐやめましょう。顔のメリハリがなくなり、のぺっとした印象になってしまうだけでなく、首とのさかいめがわかりやすく、とても不自然な印象になってしまいます。

おとなメイクのポイントは、ファンデーションは部分的にのせていくこと。コンシーラーなども活用して、気になるところを軽くカバーするようなイメージでのせていきましょう。

ただし、「紫外線対策」は、ばっちりと。化粧下地や日焼け止めは忘れずにぬっておきましょう。

おわりに

アラサー女性
出典:GODMake.

いかがでしたでしょうか。今回は、「アラサー女性がやるとイタいメイク」をポイントで4つご紹介しました。

若いころからのクセや習慣で、もう何年もメイクの見直しをしていない、という人は危険!まわりから「オバ顔認定」される前に、おとなメイクに変化させていきましょう。

品のある、自分に合ったメイクを目指していくのがベストですよ。

情報提供元:GODMake
記事名:「今すぐやめて!アラサー女性がやるとイタい【NGメイク】4選