気遣いができる理想的な女性とは?

気遣いができる理想的な女性とは?
出典:GODMake.

気遣いができる女性って憧れちゃいますよね。気遣いが自然とできるような人になるためには、いつだって周りのことをよく観察することが大切。自分が疲れていたり余裕がない時はついイライラしてできなくなりがちですが、そんな時でも笑顔で気遣いができるようになりたいもの。

そんなさりげない気遣いができるようになるために、意識しておきたいことをご紹介します。

困っている人を率先してフォローする

困っている人を率先してフォローする
出典:GODMake.

仕事でミスをして困っている人を見つけたら、率先してフォローして助けてあげるようにしましょう。自分まで大変な思いをしたり連帯責任を負うことになりかねないため、どうしても見て見ぬふりをしがちですが、それではもし自分が逆の立場になった時に、きっと辛い気持ちになります。

さりげない気遣いができる人というのは、人が嫌がることを率先してすることができる人。自分にとって利益があることは誰もがやりたがることですが、特にメリットがないことでも自然と手助けできるのは、常に周りのことをよく見ていて相手の立場になって考えられるから。

自分だけが良ければいいというのではなく、みんながハッピーでいることを最優先にできる、広い心を持てるようになりたいですね。

「ありがとう」を忘れない

「ありがとう」を忘れない
出典:GODMake.

相手に感謝の気持ちを持つことは人として何よりも大切にしたいこと。ちょっとしたことでもすぐに「ありがとう」の一言が言える人って、とても気持ちがいいですよね。素直できちんと感謝ができることは、人を引き寄せることにもつながります。

それは仕事仲間や友達に対してだけでなく、例えばコンビニの店員さんや飲食店の店員さんに対しても、さらっと「ありがとう」と伝えることができると最高にかっこいい女性。深く関わりがない人にはつい横柄な態度をとったり、目も合わさずにいることもあるかと思います。でも誰に対しても態度を変えず、感謝の気持ちを持てる人はキレイな心の持ち主と言えるでしょう。

急いでいるとつい忘れてしまいそうになりますが、そんな時こそ感謝の気持ちを言葉で表現するようにしたいですね。

デートの時の女性としての役割

デートの時の女性としての役割
出典:GODMake.

気遣いはデートの時にだって忘れずにするようにしておきたいもの。男性がリードして気遣ってくれることが基本となるデートですが、とは言っても女性としての役割を生かした気遣いだってできます。

ドライブデートの時、助手席にただ座ってぼーっとしているのではなく、男性に飲み物を渡してあげたり行こうとしているお店に予約の電話をしたり、ナビ役として男性をサポートしてあげたり。女性だからこそできる気遣いというのは、デートの時に発揮されます。

細かなことに気付くことができる女性目線での気遣いというのは、男性からすると新鮮でとてもありがたい存在という印象を持ってもらえます。モテる女性はでしゃばり過ぎず、さりげない気遣いをしているのです。

コンディションの変化に気付く

コンディションの変化に気付く
出典:GODMake.

“いつも元気な人だけど今日は顔色が良くない?”そんな少しの変化を見逃さずにキャッチできるのも、気遣い上手な女性の特徴。常に周りの人のことを見ていないと、なかなか少しの変化には気付くことができません。気遣いができる人はそんなコンディションの変化にもいち早く気付いて、さりげなく声をかけてあげます。自分からは言い出しにくいような体の不調を気付いてもらえるというのは、とてもうれしいことですよね。

特に女性の場合は生理などのホルモンバランスの乱れにより、体調の変化がおきやすいもの。“これくらい我慢しなさいよ”という態度になるのではなく、同じ女性としてその辛さを共感してあげるようにしましょう。困った時はお互いさま。その気持ちを持って周りにも優しい心で接したいですね。

さりげない気遣いができるようになろう

さりげない気遣いができるようになろう
出典:GODMake.

さりげなく気遣いができるようになるためには、自分のことばかりでなく相手の立場になって考えたり、その場の空気をよむことが何よりも大切なこと。見返りを求めたり恩着せがましいのは本当の気遣いではありません。

さりげなく相手をフォローしたり、役に立てるような気遣い上手な女性になりましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「さりげない「気遣い」が大事!あなたはできていますか?