美しさを勘違いしてませんか?

美しさを勘違いしてませんか
出典:GODMake.

バリバリな化粧をしたり、キメキメのファションに身を包んでいるわけではないのに、美しい女性っていますよね。自然体でラフな雰囲気に、なぜだかとても魅力を感じてしまいます。そんな、着飾らなくても美しさのある女性に憧れませんか?

作り込まれたものよりナチュラルな方が好まれる今の時代だからこそ、女性としてもそのことを意識したいもの。ありのままの姿に自信を持てるようになりましょう。

「何もしなくてもキレイ」がモットー

何もしなくてもキレイ
出典:GODMake.

ラフで魅力的な女性がモットーにしていること。それは「何もしなくてもキレイ」ということではないでしょうか。いわゆる素の状態でも美しさを感じられるということです。ノーメイクなのにあどけなさの中に色っぽさを兼ね備えていたり、髪を巻いていないのにニュアンスで美しく見えたり。何もしなくてもキレイでいることは、女性として究極の美しさを感じますよね。

そんな女性になるには、本当に全く何もしなくて良いわけではありません。日頃のケアが重要なのです。洗顔やクレンジング、スキンケアを丁寧に行うことを意識したり、髪もこまめにヘアパックをしたりヘアオイルで保湿をすることを欠かさないようにしなければなりません。

基本的なことを毎日継続して行い、ベースとなる部分をしっかりケアすることが大切。それができてこそ、何もしなくてもキレイな状態を生み出すことができるのです。

やりすぎないが大前提

やりすぎないが大前提
出典:GODMake.

自然体でも素敵な人は、必要以上にメイクを盛ったりすることはしません。やたらとメイクを濃くしたり厚塗りをしていると、いかにも着飾っている感が強く出てしまうためNG。

ポイントは足すのではなく、引き算をしていくこと。つい前のめりになってメイクをしていると、どんどん盛っていってしまいますよね。そこを、ちょっぴり物足りないくらいで止めておくのです。やりすぎないようにすれば自然とラフな雰囲気になれます。抜け感が出たり隙が生まれて、男性からのウケもよくなるでしょう。

毎日のメイクの時に、“今日は色を控えめに”したり“アイラインを引かない”ようにするなど、その日のテーマを決めて、やりすぎないメイクをすることを心掛けましょう。

シンプルが一番

シンプルが一番
出典:GODMake.

着飾らないということはシンプルであるということ。夏ならTシャツにデニムというファッションでもサマになるってかっこいいですよね。

色や柄の服ももちろんかわいいですが、結局本来の女性の美しさを引き出してくれるのは、このようなシンプルなものなのではないでしょうか。あれやこれやと派手にしたり、ハイブランドのものを身につけなくても、女性としての自信があればそんなものに頼らなくても良いのです。

ただシンプルさは、一歩間違えれば手抜きを思わせることもあります。そうならないためには、ただのTシャツでも襟の部分がヨレていないか、汚れが付いていないか、などキレイな状態を保つことが大切。良い状態であれば、たとえプチプラのアイテムであろうとそれなりに見えてくれます。シンプルなものこそ、その点を意識するようにしたいですね。

あとは着こなし方も重要です。さらっと着こなすには、デニムをロールアップしたり、Tシャツの前だけ軽くインしてみたり、どこかに“こなれ感”を漂わせてみてください。また、華奢なアクセサリーやヒールなどの女性らしいアイテムを投入するとよりオシャレに見えます。

フットワークが軽い

フットワークが軽い
出典:GODMake.

フットワークが軽くいろいろな場所に行ったり、新しいことに積極的にチャレンジをしている人ってキラキラと輝いて見えますよね。特別気取ったことをしているわけではないのに、自分の趣味を見つけたり思い立ったことをすぐに行動にうつせる人って素敵。

休日は家でダラダラと過ごしているより、刺激を受けるようなことをしている方が女性としての魅力が増します。ごく自然にそれらのことができているとライフスタイルが充実して、毎日をイキイキと過ごすことにつながるでしょう。

美はいたってシンプルなこと

美はいたってシンプルなこと
出典:GODMake.

美しさを求めると欲が出て、本当の美しさを忘れてしまったり、間違った方向へ向かって行ってしまうことになります。

キレイになりたいと思う気持ちは案外シンプルで簡単なこと。着飾って自分を偽るよりも、ありのままの状態でもキレイだと思わせられるような自然な魅力を放てるようになりたいですね。ラフな雰囲気の笑顔が似合う女性を目指しましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「ラフな雰囲気が素敵♡「着飾らなくても魅力のある女性」