汗の対策は、匂いと汗染みの両方からアプローチ

汗
出典:GODMake.

汗の対策は、匂いと服に浮き出る汗染みの両方から行いましょう。汗は少量でも腋臭のように匂いが強いものがありますので、におい対策は必須です。さらに汗をかく量が増える時期には、脇などの汗染み対策も同時に行っていきましょう。この両方を行わないと、汗対策は完ぺきとは言えません。

特に匂いは、本人はあまり気づいていなくても周囲が結構気になるもの。しっかりと匂い消しを行って、腕を上げた時などに気にならないようにしておきましょう。マナー的な意味合いでも匂い対策は重要です。

脇の汗対策は必須

脇の汗対策は必須
出典:GODMake.

汗の中でも最も対策が必要なのが脇部分です。脇部分以外は顔の汗で化粧崩れが気になるなどといったところでしょうが、脇ほど匂いや汗の量が気になる部分はなかなかないのです。顔やその他ボディの汗対策よりも優先して、まずは脇の汗対策を行っていきましょう。脇の汗は多くの人にとって悩みである分、対策グッズやコスメも豊富に出ています。

脇の下は皮膚が薄く敏感な部分でもありますので、肌荒れしにくい肌に優しいものを使用するとよいでしょう。オーガニックタイプのものや、肌に優しい製品も豊富に出ていますので、この後おすすめするもの以外にもいろいろと試してみてください。オーガニックといっても、その人によっては合わないこともあります。きちんと自分の肌に直接塗って、自分との相性を見ていくようにしましょうね。

体の汗サラサラ対策

体の汗サラサラ対策
出典:GODMake.

体の汗は暑い季節になるほどたくさんかくようになり、さらにべたつきが気になるようになるものです。そこで、体の汗を少しでもサラサラに保つためには、そのための事前準備と外出時のちょっとした対策が重要になります。

まずは、事前準備として、服を着る前に軽くベビーパウダーのような、肌の汗や油分を吸収してくれるパウダーを体にはたいておくことをおすすめします。特に汗をかきやすい関節部分や服でこすれやすい部分にはしっかりとはたいて、白浮きしないようになじませておきましょう。

そして、外出時にはふき取りシートを持ち歩いて、汗をかいたらこまめにふき取るようにしましょう。首や髪の生え際は汗が出やすいので時々拭いておくと、一日さっぱりと過ごせます。ふき取りシートは拭いたら捨ててしまえるタイプが便利です。

汗対策おすすめアイテム3つ

汗対策アイテムとして、おすすめの3つをあげておきます。どれも便利で使いやすく、価格もそれほど高くはないので、併用して使うことも可能です。

パウダーシート

ビオレ さらさらパウダーシート

※写真は旧製品

ビオレ さらさらパウダーシート
出典:GODMake.

ビオレのさらさらパウダーシートは、サラサラの素肌を保てるように、シートにパウダーの要素とウェットティッシュの要素が両方組み込まれており、夏の汗対策には欠かせない一品です。持ち歩きに便利なコンパクトな仕様で、使ったら捨ててしまえるので、お化粧直しの時などにさっとふき取ってごみ箱にポイ。これで不快な汗対策にばっちりです。

香りもほのかで、好き嫌いの少ないさわやかな香りです。いくつかタイプがありますので、気に入ったものをカバンに忍ばせましょう。

汗脇パット

Riff(リフ) あせワキパット

Riff(リフ) あせワキパット
出典:GODMake.

Riffのあせワキパットは、お出かけ前に脇の部分に装着することで、脇の汗が服に染みるのを防いでくれます。ある程度汗を吸って、においが気になるようになったら捨てて取り換えるなど、便利に使い捨て出来ます。

外でのお仕事などで汗をかく時はこれを仕込んでいき、汗をかいたら捨ててしまいましょう。においや不快感をかなり軽減できますよ。

デオドラントスプレーやロールオン

メイド オブ オーガニクス DE ロールオン EX ホワイライト フレッシュシトラス(スキンローション)

メイド オブ オーガニクス  DE ロールオン EX ホワイライト FC
出典:GODMake.

デオドラントスプレーやロールオンタイプの汗対策グッズは多数出ています。中でもおすすめなのが、オーガニック成分配合の「メイド オブ オーガニクス」のロールオンです。こちらは成分の安心感と、さわやかな香りや付け心地がよく、肌が弱い人にもおすすめです。

汗対策をしていやな汗染みを防ごう

いやな汗染みを防ごう
出典:GODMake.

汗対策をしっかりとして、嫌な汗染みやにおいを防ぎましょう。べたつく季節を少しでも快適にスッキリと過ごせるように、自分でちょっとした工夫と努力を積み重ねていきましょうね。

情報提供元:GODMake
記事名:「夏に向けての汗対策3選!これだけやっておけばまず安心