夏野菜は美肌成分や美容成分の宝庫

野菜
出典:GODMake.

夏野菜はカラフルでみずみずしく美味しいだけでなく、美肌成分や美容成分の宝庫です。夏野菜の特徴である鮮やかな色素には、美容に良い色素成分も多く含まれており、夏の美肌をサポートする強い味方です。

夏野菜は夏以外でも販売されており、食べることはできますが、旬の野菜には旬ではない時に比べ数倍以上の栄養素が含まれているとも言われています。よりたくさんの栄養を摂ることができる旬の時期に、野菜をたっぷりと摂って、美肌を磨きましょう。

旬の野菜はお値段もいつもより安くなっていて、いいことづくめです!!

トマトのリコピンで“美白”

shutterstock_613491476
出典:GODMake.

トマトに含まれるリコピンという成分は、「食べる日焼け止め」と言われるくらいメラニンの生成を抑制する作用があります。

リコピンはトマトの赤い色素成分で、熱にも強く、加熱しても成分が壊れないのが特徴です。同じくメラニンの生成を抑制する作用があるビタミンCは、熱に弱く、加熱すると成分が壊れてしまうのが難点でしたが、リコピンは熱にも強いため、スープやパスタのソースとして使用してもOK。もちろんそのままかぶりついても美味しくいただけます。トマトは切るだけで食べることができる手軽さもメリットのひとつですね。

さらに、細胞を傷つけ老化に導く活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用も強く、アンチエイジング成分としても注目されています。トマトは普段は少し高めの値段で販売されていることもありますが、夏には箱売りで安いものが市場に出回るようになるので、ここぞとばかりに食べつくしましょう。

きゅうりのカロテンで“アンチエイジング”

shutterstock_769056490
出典:GODMake.

きゅうりに含まれるカロテンも抗酸化作用が強く、アンチエイジングが期待できます。きゅうりはそのまま生で食べてもよいですが、ぬか漬けや浅漬けにして食べるのもおすすめです。

ぬか漬けにすることで、発酵食品になり、体を温める作用など美容効果も増しますので、おすすめの食べ方です。ぬか漬けを常備しておくことで、定番の副菜を作れます。食卓も華やいで、夏の食欲不振の解消にもつながるかもしれませんね。

茄子のポリフェノールの“抗酸化作用”に期待

shutterstock_605342612
出典:GODMake.

茄子の色素成分にはポリフェノールが含まれており、こちらも抗酸化作用が高く、アンチエイジング成分として期待されています。茄子は焼いても揚げてもおいしくいただけますので、料理の幅も豊富です。うまく食卓に取り入れて、美容と健康に一役買ってもらいましょう。

茄子は油と相性が良いので、使いすぎない程度にうまく合わせて料理していくとよいでしょう。夏場の暑さで食欲を失っているときは、料理を工夫することで食欲を盛り返していきましょう。

トウモロコシの食物繊維で“便秘改善”

shutterstock_89312863
出典:GODMake.

トウモロコシには豊富な食物繊維が含まれており、便通の改善に役立ってくれます。

食物繊維はそれ自体にはカロリーがなく、栄養素も含まれていませんが、食事量のかさましとして利用でき、便の量を増やすことで便が出やすくなるといった作用が期待できます。さらに、食物繊維を摂ることで、腸内の良い細菌が育ちやすくなり、さらに調子を整えてくれることもあるのです。

他の高カロリーな食材を食べすぎるのを防止する満腹感を得られることもあり、食物繊維は近年注目されている成分です。意識して多めに摂ることで、便通の改善やダイエットに役立てましょう。ぽっこりおなかの解消にも期待大です。下腹が気になるときも、ぜひ食べてみましょうね。

夏野菜を食べて綺麗を磨こう

夏野菜
出典:GODMake.

夏野菜は栄養素の宝庫!夏だからこそ美味しく安く食べられる、この機会を逃さず夏野菜の栄養を取りつくしましょう。

体の中から綺麗を磨いて、明日も健康的な美しさをキープするのです。サプリメントもいいですが、日常の食べ物からしっかりと栄養を摂ることは、健康的な食生活の基本ですよ。

情報提供元:GODMake
記事名:「“夏野菜”で美肌!色の濃い野菜はビタミンたっぷり