1. 孤独な時間を楽しんで過ごす

孤独な時間を楽しんで過ごす
出典:Shutterstock

1人の時間は、人が成長するために必要な時間でもあります。友だちと疎遠になったり、パートナーがいなかったりして、孤独を感じるときこそ「人間は、1人で生まれて、1人で亡くなっていくもの」ということを意識しましょう。

そして、メール、ライン、SNSのチェックは控えめに。本を読んだり、趣味に打ち込んだり、1人で過ごす時間を意義のあるものにしましょう。永遠に続く孤独はありません。人と交流すべき時期は、すぐにやってきます。

2. 失敗した自分を責めない

失敗した自分を責めない
出典:Shutterstock

失敗してしまったときには「あのとき、ああしていれば…」「こうしていたら…」と考えることもあるでしょう。反省は、次に生かすことができます。でも自分を責めるような考え方はプラスにならないし、次に生かせずクヨクヨする時間には、意味がありませんよね。

次のチャンスのためにも、決して自分を責めるような考え方はやめ、成功に向かう自分をイメージしましょう。

3. 翌日までに気持ちを切り替える

翌日までに気持ちを切り替える
出典:Shutterstock

気分が落ち込んだとき、ショックな出来事があったときは、しっかり気分を切り替え、立て直す必要があります。そのためには、心のベクトルがぐっと上向きになる特別な「何か」を自分にプレゼントしてあげてください。

その場で思いつけばいいのですが、落ち込んでいるとなかなか思いつかないものです。ですから、普段からいざというときのために、自分へのスペシャルなプレゼントになるものを、何か考えておくといいでしょう。

4.「寝る、食べる、運動する」生活のペースは守り抜く

「寝る、食べる、運動する」生活のペースは守り抜く
出典:Shutterstock

睡眠、食事、そして積極的な運動は、生きる上での基本です。忙しすぎて生活のリズムが崩れたら、崩れっぱなしにせず、基本の生活をなるべく早く取り戻しましょう。

忙しさで生活が乱れたら、スケジュールをじっと見つめ、立て直せるまであと何日かを把握することです。寝ること、食べること、体を動かすこと、いずれも欠けないようにして「生活の基本の力」を大切にしましょう。

5.「認めてもらいたい」という欲は捨てる

「認めてもらいたい」という欲は捨てる
出典:Shutterstock

他人から認められたい「承認欲求」が高いと、どうしても他人と自分を比較してしまいます。また、自分をより大きく見せようと、実力以上に力があるように見せかけてしまいがち。

そんなとき、実は深層心理的には、あなた自身がそんな自分を冷静に見ています。そしてそうやって、自分の弱さが心の奥に刻まれてしまうと、なかなか心からの自信を持てなくなってしまいます。

割り切って考えるのが難しい人は、普段SNSで「いいね」をいっぱいもらっても浮かれないことや、「いいね」をいっぱいもらっている人を羨まないようにすること、などから始めてみてください。

6. ときどき映画やドラマで涙を流す

ときどき映画やドラマで涙を流す
出典:Shutterstock

「強い自分になるために」と、感情を抑え続けると、だんだん心が硬くなってしまう人もいます。本当に強い人は、竹のようにしなる柔軟な心を持っているもの。強くなるためには、豊かに感情を動かしつつ、理性で制御することが必要です。

そのシミュレートとして、映画やドラマ、マンガや小説など、虚構の世界で感情を揺り動かすといいでしょう。泣くことは、肉体的に強く心に連動するので、特に思い切り泣ける作品がオススメです。

7. ボディやヘアの、スペシャルなケアをする

ボディやヘアのスペシャルなケアをする
出典:Shutterstock

強い自分を作るためには、自分自身を大切するべきです。一生懸命頑張っている自分に向けて「あなたを慈しんでいる」という意思表示をしっかりしてあげましょう。たとえば、定期的にボディやヘアのスペシャルケアをすることで、その意思は、あなた自身に届きます。

時間やお金をかけて美しく整えることも、強い自分を作るために、とても重要なことです。

8. クリエイティブな新しいチャレンジを楽しむ

クリエイティブな新しいチャレンジを楽しむ
出典:Shutterstock

強さには、柔軟で豊かな心が大切です。強い自分を育てるためには、ぜひ、クリエイティブなチャレンジをしてみてください。

フラワーアレンジメントや絵画やメイクなどのアート系、楽器や歌などのミュージック系のレッスンを受けたり、友人の誘いで知らない世界を覗いてみたり。「うまくいくかな?」などと結果を考えたり、萎縮したりせず、思いのまま、どんどんトライしましょう。そしてできるだけ楽しんで、あなたの世界をぐんぐん広げてください。

9. 守るべき存在を作る・意識する

守るべき存在を作る・意識する
出典:Shutterstock

「母は強し」と言いますが、人は守るべき存在を得ると張り合いが出て、力が湧いてきます。「守るべきもの」の存在がすでにある人は、その存在を今までよりさらに強く意識するといいでしょう。

今現在「自分には守るべき存在がない」という方は、たとえば犬や猫を家族に迎えるのもオススメです。もちろん、一度預かった命は、その生涯に責任と愛情を持って育ててください。そんな生活の中で、あなた自身も、強く成長していくでしょう。

10. 笑顔を先行させる

笑顔を先行させる
出典:Shutterstock

これは一番大事なこと。とにかく、なるべく多くの時間、笑顔でいることです。顔の筋肉を笑顔の形にするだけで、前向きで力強い気持ちがついてきます!

笑顔でいること
出典:Shutterstock

強さとは「心身のバランス」と「前向きな姿勢」です。明日のあなたが、今日よりも強くなれるよう「守るべき10のこと」を心に留めてみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「「今より強い自分になるために」守るべき10のこと