食事は1日3食摂ろう

shutterstock_521741356

ダイエット中だからと、食事回数を減らしていませんか?食事は、減らしてしまうと、食べた食事内容から過剰に栄養を摂取してしまったり、栄養素が減ってしまい体を構成する栄養が足りなくなってしまいます。

食事を減らすと、摂取カロリーが減りますのでもちろん体重は減りますが、栄養が足りていなければ筋肉なども落ちてしまいます。また、朝ごはんを抜いてしまったりすれば、胃腸の活動がおろそかになって、便秘気味になることもあります。

しっかり栄養素を摂取して、運動をすることで、リバウンドのしにくい痩せやすい体作りになるのです。

和食がおすすめ

Woman having breakfast

友達とランチや彼氏とディナーなど、何がいい?と聞かれれば、焼肉、イタリアン、フレンチなどたくさん浮かびますが、おすすめなのは和食です。

和食は、穀類、汁物、主菜、副菜など、とてもバランスが取れた食事内容の傾向があります。カツ丼だけなどといった食事はバランスが悪いですが、定食のような食事はバランスが良く、ヘルシーでおすすめです。小鉢のいくつか付いている、おかずの豊富な和食を選べば、たくさんの栄養素をヘルシーに食べることができます。

栄養学を知らなくても意識できること

色の濃い野菜は栄養が豊富!

野菜

緑黄色野菜には栄養価が豊富に含まれている傾向があります。なかなかそれぞれの野菜の栄養素を覚えるのは難しいですが、緑黄色野菜のような濃い色の野菜を摂取するように心がけることから始めると良いでしょう。

緑黄色野菜は、カロチン(ビタミンA)が豊富に含まれていて、その他もビタミン類やカルシウムなどの栄養素が豊富です。少しおすすめの野菜をご紹介します。

トマト

トマトはリコピンが含まれており、活性酸素を除去してくれます。過度な運動なども活性酸素が発生する場合がありますし、活性酸素を除去することで老化防止にもつながります。また、血中のコレステロールの酸化も防ぐ効果があるので、脂肪が燃えやすい状態を作ってくれます。摂取法としては、トマトジュースなどもおすすめです。

ブロッコリー

ブロッコリーは、緑黄色野菜の中でも栄養価が高く、ダイエットに向いている食材です。ブロッコリーに含まれるクロムという栄養素は、脂肪の燃焼を助ける効果があると言われています。また、ビタミンB2も豊富で、脂肪の代謝を高めてくれて、たんぱく質をエネルギーに変えるように促してくれるのです。

食物繊維、カリウムも豊富で、ダイエット中に限らず積極的に摂りたい野菜です。

炭水化物

近年、手軽に食べる食事なども増え、炭水化物量が特に増えてきている傾向があります。例えば、ピザやパスタは、野菜やシーフードなども添えられていますが、ほとんどが炭水化物です。バランスは良いとは言えない食事です。おかずにご飯という食事内容でも、炭水化物の摂取量は多くて1日250gですので、茶碗2杯弱。芋類の野菜などにも炭水化物は含まれているので、炭水化物の摂取量も見つめ直してみましょう。

しかし人間のエネルギー源となる栄養素ではあるので、食べ過ぎないように意識して、なるべくおかずで栄養を摂取するように心がけてみましょう。白米よりも栄養価の高い玄米などもおすすめですよ。

サラダよりも品数を意識!

Family dinner

外食や自炊で、サラダがあれば安心していないですか?サラダにももちろん栄養はありますし、先に食べることで、その後の血糖値の上昇を抑えたり、満腹感を感じやすくさせてくれます。

しかし栄養素のことを考えると、野菜を使ったお浸しや海藻を使ったおかず、煮物などの品数の多い食事内容の方がおすすめです。サラダなどの生野菜は、体も冷えやすいので気をつけましょう。具の多い汁物も摂るようにするとバランスがさらに良くなります。

普段の飲み物も重要

shutterstock_486675022

糖分に注意!

普段食事を気をつけていても、飲み物で糖質を多く摂ってしまっていると、せっかくバランスの良い食事をしていたり、運動をしている場合ももったいないです。飲み物にも気を使うとさらに良いでしょう。

100%のジュースなどは、ビタミンなどの栄養素も含まれていますが、加糖タイプが多いそうです。完全ストレートタイプのジュースがおすすめです。

また、甘いカフェオレや紅茶など、コンビニにもたくさん取り揃えられていますが、ハイカロリーで糖分も多く含まれている物が多いため、やはり日常的に飲んでいれば脂肪になってしまいます。砂糖を加えないで飲んだりして工夫しましょう。

おすすめの飲み物

炭酸水は、炭酸の効果で空腹を緩和させてくれますのでおすすめです。また、コーヒーに含まれるカフェインは脂肪を分解する効果があります。ブラックコーヒーで、ホットにして体内が冷えないように飲むのがおすすめです。飲む場合1日3杯ほどにしておきましょう。

バランス良い食事で痩せやすい体づくり

ダイエット

せっかく運動しているのに、食事制限しているのに痩せない!という方もいらっしゃるでしょう。バランスを見直して、しっかり栄養を摂取することを心がけてみませんか?体内から、痩せる準備をしていきましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「リバウンドしたくない…無理な食事制限よりもバランスが大事!