KDDI株式会社は、法人向けサービス「えらべるVR」の新メニューとして、「ガイドVR -12K-」を、2020年3月6日から提供開始しました。

KDDI えらべるVRとは?

「KDDI えらべるVR」はVRの活用を検討する法人に対して、デバイスの選定からネットワーク、コンテンツ制作、映像を表示させるためのプラットフォームまでをワンストップで提供されているパッケージサービスです。

VR活用の目的や予算に応じた最適な3つのコースが用意された「カスタマイズプラン」と、不動産内覧や施設見学などのガイド特化型のメニューとして「目的別プラン」に「ガイドVR -12K-」が用意されています。

詳細:KDDI えらべるVR

「ガイドVR -12K-」とは?


「ガイドVR -12K-」は、物理的な距離をVRで埋めることができるソリューションです。

VR体験者は、リアリティのある12Kの高解像度画像で現地に行ったかのような体験を味わうことが可能です。

ガイド役が複数人の体験者の視点位置を確認しながらガイドを進めることができるため、VRの特徴である「没入」にとどまらず体験者同士の「共感」を喚起する新しい体験を生み出すことができます。

例えば、不動産関連の活用では、距離や時間にとらわれず、物件やホテルの内見・下見をより手軽に短時間で提供できるようになります。

観光関連では、歴史的建造物などの文化財や風情ある美しい景観、現地でしか得られない体験をVRで再現し、観光地の魅力を紹介することや、旅行意欲喚起や消費促進を図ることも可能になります。

また、教育機関や企業の研修、自治体の移住促進などで、効率的・効果的なプレゼンテーションを実現することができます。

また、「ガイドVR -12K-」は、12Kの高画質360度画像を画質を落とさずに圧縮する技術 (Visbit Inc.提供) を活用し、モバイル型VRデバイスでも十分な体験価値を実現しています。

物理的に離れているロケーションや設備を丁寧にガイドすることで、体験者の満足度・理解度を高められるシーンを中心に、幅広い領域での活用が見込まれます。

提供料金:20,000円 (月額) ~

※別途初期費用が必要
(VR画像の撮影・編集、変換・登録、および専用のVRデバイスとスマートフォンに関わる費用)

詳細:KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI えらべるVR: ガイドVR -12K-」




「ガイドVR -12K-」の特長


「ガイドVR -12K-」では、VR空間で複数人が同時に12K高画質の360度画像を閲覧し、視点を共有できます。

ガイド役がスマートフォン上に表示されるVR体験者の視点位置を確認し、コミュニケーションをとりながら体験者の視点を見て欲しいポイントに誘導することで、体験者の理解度を深め、体験者同士の共感を生み出す新しい体験を提供することができます。

12Kの「高画質」

一般的なVRでは4K程度ですが、「ガイドVR -12K-」では、12Kの高画質を実現しています。

効率的な画像転送を可能にする画像圧縮技術が採用されており、より臨場感あふれる高精彩画像を楽しむことが可能です。

ハイスペックPC不要で「低コスト」

これまでは、高画質VR画像を閲覧するために高機能パソコンが必要でしたが、「ガイドVR -12K-」では、モバイル型VRデバイスで12Kの高画質VR画像を体験でき、新しいVR体験を低コストで実現しています。

新体験「共感」できる

視点共有機能により複数人で同じVRコンテンツを体験することができます。

ガイド役は、複数のVR体験者の視点を把握し、コミュニケーションをとりながらガイドできるため、より具体的・効果的なプレゼンテーションが可能になり、体験者は新しい共感体験を楽しめます。

まとめ

不動産業界や観光業界では、VRを活用したビジネスが進んでいますが、今回提供が開始された「ガイドVR -12K-」では、高画質なだけでなく、共感体験ができる点が新しく、優れている点です。

不動産や地方への移住の提案の際には、家族で現地に下見に行き、家族で検討します。

これまでのVR体験では、それぞれにVRを体験できてもリアルと同じように情報を共有したり、共感したりすることは難しかったです。

「ガイドVR -12K-」では、VRでありながら「共感体験」を可能にしました。

ビジネスだけでなく、教育や研修の場でも幅広く活用が期待できますね。

ソース:[株式会社KDDI]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「12K高画質VRを複数人で共感体験!KDDIが「ガイドVR -12K-」の提供開始