遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を運営する株式会社プレースホルダは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止による全国的な臨時休校の実施を受け、3月4日(水)から、自宅で手軽にAR体験が楽しめる「ARぬりえ」全27種をPDF形式で無料公開したことを発表しました。


お絵かきアトラクションを自宅で


「AR PLAYGROUND」のARぬりえ機能はこれまで、リトルプラネットへの来場者を対象に、お絵かきアトラクションで使用したぬりえを自宅に持ち帰って楽しむ“パーク体験の副次的な遊び”として提供されていました。

プレースホルダ社は、今回の臨時休校を受け、パーク体験の有無にかかわらず全国の子どもたちに自宅でデジタル遊びを楽しんでほしいとの思いから、ぬりえデータの無料公開を開始しました。

また、現在臨時休業となっているリトルプラネットの常設パークが営業再開した際には、自宅で遊んだ塗り絵をパークに持参し、そのまま各種お絵かきアトラクションで楽しみむことができるということです。

ARぬりえの楽しみ方

1.ぬりえ用紙をダウンロードして印刷します

2.好きな色を塗ります

3.スマートフォンアプリ「AR PLAYGROUND」で読み取ります

4.スマホ画面をぬりえにかざすと3Dアニメーションで現実世界に飛び出します

スマートフォンの角度を変えたり画面のぬりえを指で動かすと、360度のアングルでぬりえを見たり拡大・縮小したりして楽しむことができます。

また、ぬりえは一度読み込めば画面を切り替えるまでアニメーションが表示され続けるため、好きな背景でぬりえと一緒に写真撮影することもできます。

ダウンロード

命がやどるお絵かきの世界「DRAW YOUR WORLD」

①ふしぎなぬりえの世界 9種

飛行機や船、カメなどの「空や海の生きもの・乗りもののぬりえ」(計9枚)

お絵かき3Dレーシング「SKETCH RACING」

②走れ!お絵かきレーサー 8種

スポーツカーやクレーン車などの「車のぬりえ」(計8枚)

デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」

③デジタル紙相撲 10種

紙相撲をモチーフにした「力士のぬりえ」(計10枚)

次世代型テーマパーク「リトルプラネット」について


リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパーク。

砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びと最先端技術が融合したアトラクションを通して、子どもたちに“未来のアソビ”を提供しています。

現在、首都圏のほか沼津・名古屋・福岡など全国9箇所に常設パークが展開されています。

リトルプラネット公式サイト




「AR PLAYGROUND」アプリ概要

タイトル:AR PLAYGROUND (読み:エーアール プレイグラウンド)

ジャンル:教育

対応機種:iOS 10.0以上/iPhone5S以降の端末、Android OS4.4以降の対応端末

価格:無料

インストール:App Store / Google Play

ぬりえを読み取るために

・ぬりえ用紙の四辺に余白があると読み取れない場合があるため、印刷時にプリンターの設定で「余白なし(フチなし)」を選択し、実際のサイズで印刷します。

・ぬりえの背景が白かったり、ぬりえの上に影が入っていたりすると読み取れない場合があります。

・うまく読み取れない場合はぬりえの位置を変えて読み取ってください。

まとめ

リトルプラネットの人気お絵かきアトラクションが無料で自宅でも楽しめるようになりました。

アトラクションでは、大きなスクリーンに自分や他の来場者が描いた作品がARで出現し、レースを楽しんだり、紙相撲で競ったりすることができます。

自宅では親子で一緒に楽しむことで、パークでの遊び方とは違った楽しみ方ができそうですね。

ソース:「ARぬりえ」無料公開に関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「リトルプラネットで人気の「ARぬりえ」が自宅で遊べる!「ARぬりえ」全27種を無料公開