売場支援事業を軸にビジネスの好循環支援を展開する株式会社アドパックは、3Dアバター(キャラクター)を操作して遠隔地の顧客とリアルタイムにコミュニケーションが取れる、3Dアバター遠隔接客システム「バタラク」を2020年3月2日から提供開始したことを発表しました。


「バタラク」とは?


「バタラク」は、2018年年末より小売店や家電量販店を中心に導入された販促活動システムです。

VTuberの技術を活用して新しい買い物体験につながるなど高い成果を上げています。

本サービスでは、映像配信システムの他、ディスプレーに接続するだけで3Dアバターと店舗にいる顧客と対話ができる専用機器(セットトップボックス)と、パソコンから簡単に3Dアバターを操作できるソフトウエアが提供されます。

遠隔で3Dアバターと対話する場合は、別途ディスプレーとパソコンに、それぞれカメラおよびマイクを設置が必要となります。

「バーチャルプロショッパー・ソリューション」を改良

「バタラク」は、前身の「バーチャルプロショッパー・ソリューション」を誰もが手軽に扱える汎用型システムとして改良・開発されたものです。

企業は「バタラク」を活用することで、AI(人工知能)によるチャットボットなどでは補完できない、知識や接客スキルをもった人材によるコミュニケーションを遠隔から行うことができます。

アドパック社は、「バーチャルプロショッパー・ソリューション」の販売接客活用の実績を踏まえ、受付など応対が発生する場面において、業界・業種を問わずさまざまな企業に対して、人材不足といった側面での課題や、加速するテレワークの手段の一つとして活用してもらうため本格提供が開始されました。

「バタラク」を活用することで様々なシチュエーションで人材配置を最適化することができます。

また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って関心が高くなっている「非接触」という課題に対してもクリアになる要素も多く、現地に人がいないと成立しにくい業務に対しての有効な「働き方改革」の一環としても期待されています。

参考:バーチャル従業員で売上向上!VTuber従業員導入で前週比3倍の売上を達成!




「バタラク」導入のメリットと活用シーン

期待できるメリット

〈人材の有効活用〉1人の人材を、遠隔地や複数の場所へ派遣できる

〈テレワークや働き方改革の実現〉現地にいなくても接客や応対の仕事ができる

〈潜在労働人口の拡張〉アバターとして働くことで、状況や年齢などの要素を排除できる

「バタラク」を導入することで、スキルや経験のある高齢者や子育て中などで、働きたいけれど、働ける環境がない人達の雇用創出につながります。

活用シーン


・オフィスやホテルのフロント、飲食店での受付業務

・駅や空港など公共交通機関での案内業務

・複数個所での店頭接客業務

・カラオケ店での接客業務

・介護施設での対話

・在宅医療など、遠隔定期診断などへの活用

「バタラク」のシステムについて

映像配信システムの特長

「バタラク」の映像配信システムは、デジタルサイネージの配信システムを応用した「対話も可能なコンテンツマネジメントシステム」となっており、簡素な機材での運用とコンテンツのクラウド配信が可能です。

・アバターの姿をした案内員と顧客との双方向リアルタイム通話ができる

・専用の配信機器を会場のディスプレーに接続するだけでコンテンツ配信ができる

・放映するコンテンツはクラウド上で管理し、ウェブ管理画面から簡単に運用ができる

・事前に設定したスケジュールでコンテンツを自動配信することができる

・会場側からの呼び出し機能の搭載により、コンテンツ配信+呼び出しがあった場合にリアルタイムアバター接客ができる

3Dアバターを操作するソフトウエアについて

「バタラク」では、VRヘッドセットなどの機材を使用せず、パソコンから簡単に3Dアバターを操作できるソフトウエアが標準提供されます。

このソフトウエアは、接客用途に適した仕様となっており、指定画像の表示機能も搭載されており、画像を提示しながら接客することができます。

詳細:「バタラク」サービス紹介ページ

※「バタラク」は株式会社アドパックのサービス商標、「バーチャルプロショッパー」は登録商標です。

まとめ

テレワークというと事務系の業務を思い浮かべてしまいますが、「バタラク」の活用シーンとしてあげている業務は本システムを利用すれば、テレワーク接客が可能です。

また今後は非接触が好まれるシーンも多くなりそうなので、「バタラク」の活用は広がりそうですね。

ソース:3Dアバター接客システム「バタラク」に関するプレスリリース[@Press]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VTuberでテレワーク接客!3Dアバター遠隔接客システム「バタラク」提供開始