週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(2/14〜2/20) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-175366/


①写真を撮るように3Dを作成してARで表示!「カタチスペース」アプリ登場!

VRニュースイッキ見_写真を撮るように3Dを作成してARで表示できる「カタチスペース」アプリ登場

3D作成・AR技術を活用したスマートフォン向け物体共有サービス『カタチスペース』のiOSアプリが2月14日にリリースされました。

『カタチスペース』は株式会社カシカが提供している、大切な記憶や思い出の品などのアーカイブとして物体の姿形をそのままにスキャン撮影して3Dデータに残せるサービスです。

スマートフォンのインカメラで物体を撮影してカタチスペースへアップロードすれば、いつでもWebARのアーカイブとして見返したり簡単に共有することができるようになります。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-175138/

②VRの世界を自由に歩ける!最先端デバイスの体験イベント アミューズメント施設「KIT」にて開催

VRニュースイッキ見_最先端デバイスの体験イベント アミューズメント施設「KIT」にて開催

愛媛県松山市のアミューズメント施設「KIT」で、VRの世界を自由に歩ける最先端デバイス「KAT Walk mini」を利用したイベントが開催されることになりました。

KITを運営する株式会社KISUKEが発表したもので、「KISUKE eスポーツ VRパーティー」として2月22日と23日の2日間にわたって開催される予定です。

日本初導入となる「KAT Walk mini」はVRの世界を舞台にしたチュートリアルとゲームが体験できる最先端デバイスで、イベントではこの「KAT Walk mini」を使ってキスケ社が実施しているeスポーツ大会の特別編として開催されます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-175151/

③STYLYと船場社がコラボ!複数人同時にVR/MR空間を行き来するXR時代の商空間を提案!

VRニュースイッキ見_STYLYと船場社がコラボし、複数人同時にVR/MR空間を行き来するXR時代の商空間を提案

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」で知られるPsychic VR Labと商空間づくりを手がける株式会社船場は、パシフィコ横浜にて開催された「SCビジネスフェア 2020」に共同出展しました。

今回のコラボレーションでは、は「リアルとバーチャルが融合する次世代の商空間」をコンセプトに相互に連携しながら制作が進められた体験型コンテンツが出展されています。

出展ブースは、船場社が思い描いた未来の商環境をリアル空間、VR/MR空間に再現し、STYLYの新機能であるマルチプレイヤーモードを活用して体験するものです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-175261/



④VRで円滑なコミュニケーション!VR会議とテレワークで危機的状況下でも業務を継続可能に

VRニュースイッキ見_VR会議とテレワークで危機的状況下でも業務を継続可能に

新型コロナウイルス流行への対策としてテレワークを行う企業が増えていますが、令和創業のITベンチャーHappyLifeCreators株式会社はVR技術を活用した会議やテレワークを行い話題となっています。

過去にスタッフがインフルエンザに罹り職場で感染が拡大する事態を招いたというHappyLifeCreatorsでは、今回の新型コロナウイルスの流行を受け、VRChatを利用した遠隔会議・テレワークを試験導入したとのことです。

今回のVRテレワーク試験導入に関してスタッフへのアンケートからブラッシュアップを行い、さらにVR会議・テレワーク導入を検討している企業へのサポート業務も行っていきたいとしています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-175192/

⑤VR仮想世界ambrがVRoid Hubと連携!Oculus RiftとHTC Viveにも対応

VRニュースイッキ見_VR仮想世界ambrがVRoid Hubと連携

2020年2月12日、日本初VR SNS仮想世界「ambr」がPixiv社の3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」との連携することが明らかになりました。

株式会社ambrが発表したもので、今回の連携によってVRoid Hub上にアップロードされた3Dキャラクターモデルをambrでアバターとして利用できるようになります。

また、ambrがすでに対応済みであるOculus Goに加えて、新たにOculus Rift及びHTC Viveにも対応することも同時に発表されました。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-174997/

まとめ

今週後半はVRSNSやVR/ARによって変化するビジネス環境についてのニュースが多い印象です。

感染症流行のような非常時には外出を控える必要があり、ビジネスが停滞してしまいがちです。

そこで、VRを使ったコミュニケーションツールがビジネスにおけるコミュニケーションをサポートするような事例が出てきています。

VR Chatにしろ日本発のambrにしろVRを利用したコミュニケーションを発展させていくことで、より逆境に強い社会づくりに貢献して欲しいですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【後編】「VR仮想世界ambrがVRoid Hubと連携!Oculus RiftとHTC Viveにも対応」など注目記事を振り返り!!