メディアスホールディングス株式会社は、メディアスグループの事業会社が、経済産業省が支援するJ‐Startup対象企業であり医療XR(VR/MR)サービスを手掛けるHoloeyes株式会社と販売代理店契約を締結し、東北、関東、中部、北陸エリアにおいて、医療XRサービス「HoloeyesXR」の販売を開始することを発表しました。


「HoloeyesXR」とは?

医療XRサービス「HoloeyesXR」は、2次元のCTスキャンデータやMRIデータから3次元のVRやMRを生成するアプリケーションにより、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービスです。

医療現場では、医師はCT/MRIなどによって撮像された2次元のデータを閲覧し、脳内で3次元に変換して診断を行っています。

「HoloeyesXR」は、この複雑な変換プロセスをVR/MRなどのテクノロジーによってサポートしてくれます。

過去


2DのCT/MRIのデータを 2Dモニターで閲覧

現在~3Dデータを2Dモニターで閲覧


2DのCT/MRIのデータから 3Dデータを構築し 2Dモニターで閲覧

未来~HoloeyesXRを活用し「3D空間で体感し、理解する」


2DのCT/MRIのデータから 3Dデータを構築し 3D空間で体感し、理解する

「HoloeyesXR」の医療現場での活用例

高解像度で空間認知が可能に


身体性を伴う空間認知により、臓器などの重要な位置関係を高い解像度で認識することが可能となります。

術前の手術計画やカンファレンスなどで活用することができます。

豊かなビジュアルコミュニケーションを実現


ビジュアルを共有することにより、非言語の豊かなコミュニケーションを実現することができます。
また、遠隔地との症例カンファレンスも可能です。

録画で追体験、体験を共有


手術計画やビジュアルコミュニケーションを実施した際の内容を主観視点で録音録画することが可能です。

そして、録画内容をその場にいなかった若手医師や医学生などに共有することが可能です。



「HoloeyesXR」の今後

「HoloeyesXR」は、医療コミュニケーションに革新をもたらす技術で、G20大阪サミット2019の広報展示で世界に発信され注目を集めました。

本サービスは、患者への術前術後の説明、研修医や医学生への教育、スタッフ同士の術前の情報共有などを目的に開発されましたが、既に導入している施設では、術前のグラフトの作成時に使用するなど独自に活用の幅を拡げており、今後も更なる実用拡大が期待されています。

また、来年度にむけて薬事認証申請が進められていて、医療保険が適用されるクラスⅡ医療機器としての展開が見込まれています。

メディアスグループでは、今後も変革する医療現場を支援し、より良い医療環境をつくるため、核となる医療機器販売事業に加え、先進技術を活用したソリューションの提案、病院内物流の効率化、介護福祉事業の充実など、さまざまな施策で医療現場をサポートしていくとしています。

まとめ

医療技術は日々進化し、どんどん高度になってきていますが、地域格差など、その医療技術の恩恵を誰もが受けられる状況ではまだありません。

「HoloeyesXR」は、教育ツールとしても、技術を共有するツールとしても優れており、今後広く医療現場で活用されるようになることでしょうね。

ソース:医療XRサービス「HoloeyesXR」に関するプレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「医療現場におけるコミュニケーションを革新する医療XRサービス「HoloeyesXR」リリース