自社開発商品をカタログやウェブサイトで販売販売している株式会社フェリシモと、YouTuberネットワークを活用した企業・自治体の海外プロモーション事業や日本と世界をつなぐコンテンツIPビジネス事業を展開している株式会社Cool Japan TVによる『合弁会社Cool Japan Academy』が、世界初のVtuberによるオンライン日本語講座の配信を2019年2月28日(金)より開始しました。


Vtuberによるオンライン日本語講座が登場!

今回登場したオンライン日本語講座は、Vtuberがスマホやパソコンを通して日本語を教えてくれる外国人向けのサービスです。

香港の人気モデル「Carrie Lai(キャリー・ライ)」さんをモデルにした3DCGキャラが日常生活で必要な日本語を優しく教えてくれます。

イメージ

3DCGキャラのモデル「Carrie Lai」さん

3DCGキャラであるVtuberが日本語を教えてくれるので、アニメを観るような感覚で日本語を学ぶことができる内容になっています。

このサービスの特徴としては

・自分の好きな時間に

・どこでも

・視覚的にも分かりやすく

学べることが特徴で、内容の監修は外国人への日本語教育の専門家が行っているため、日常生活での日本人との会話に特化しています。

イメージ

Cool Japan Academy



「VTuberによる日本語講座」開発の背景

サービス開発の背景には、インバウンド市場の急成長、少子高齢化にともなう労働力不足から来る「外国人労働者の受け入れが必要」という日本の現状があります。

・インドネシア

・タイ

・ベトナム

・マレーシア

・フィリピン

といったアジア各国の日本語学習の需要が近年高まってきている一方、

・急速な需要増加に対応する日本語講師の確保

・日本への語学留学コストの高どまり

が課題になっており、また外国における日本語の学習は

・アニメで日本に興味を持った

・アニメで日本語を学んだ

という人が多いという事実があります。

こうした日本をとりまく国際社会の要請に対応するため、日本が得意とするVtuberなどのキャラクターが講師を務める、まさに「アニメをみるように日本語を学ぶ」オンライン日本語講座が今回開発されました。

また今後は業界、企業などの日本語の使用シーンごとに講座の開発が検討されています。

まとめ

ついにVtuberが日本語を教えてくれるオンライン講座が配信開始されました。

このサービスはスマホやパソコンで3DCGキャラが日本語を教えてくれるというもので、日本が世界に誇るアニメ文化を通して日本語を覚える外国人がたくさんいるという事実が開発のきっかけになっています。

日本のこういったキャラクタービジネスは世界的にも人気があるので、今後もどんどん外国人向けのVtuberを使ったサービスが登場しそうですね。

今回は外国人向けに日本語を教えてくれるというものですが、逆にVtuberが外国語を教えてくれるものが登場したら、中高生はもちろん、大人の日本人にも学びやすいものになりそうな気がします。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「世界初!Vtuberが講師を務めるオンライン日本語講座が登場!