株式会社NTTドコモとトヨタ自動車株式会社は第5世代移動通信方式(5G)を用いて行ったロボット遠隔制御実験に成功したことを発表しました。

遠隔地間(約10キロメートル)を想定した実験環境の一部区間で5Gを活用し、トヨタが開発したヒューマノイドロボット「T-HR3」を遠隔制御しました。


ヒューマノイドロボット「T-HR3」とは?

「T-HR3」は、家庭や医療機関など様々な場面での生活を安全にサポートするパートナーロボットをめざして開発されたヒューマノイドロボットです。

トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールをはじめ、

全身を自在に操るマスター操縦システム

VRヘッドセットによる視覚の共有

など、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、T-HR3に操縦者と同じ動きをさせることができます。

5Gを活用してT-HR3の遠隔操作に成功!

ヒューマノイドロボット「T-HR3」のやさしく、しなやかな動きを実現するためには、「T-HR3」と操縦システム間での制御信号の通信遅延を可能な限り少なくする必要がありました。

そのため、今までは通信遅延の少ない有線接続での実験を行っていましたが、より実用性の高い環境での使用に向け、5Gによる遠隔操作実験が行われることになりました。

ドコモがこれまでに培ってきた5Gの知見を活かしながら、5Gの特徴の1つである低遅延性を活用し、5Gを用いた無線接続を一部含む遠隔地間を再現した環境にて実験を行い、見事「T-HR3」の制御に成功しました。



「DOCOMO Open House 2018」にデモンストレーションを開催!

2018年12月6日〜7日で東京ビッグサイトで開催予定の「DOCOMO Open House 2018」にて、会場である東京ビッグサイトと東京スカイツリーの間で、今回の遠隔制御のデモンストレーションが行われる予定となっています。

DOCOMO Open House 2018 概要

イベント名:DOCOMO Open House 2018

開催日時:2018年12月6日・7日(9時〜18時)

開催場所:東京ビッグサイト(お台場)

展示:200件以上

参加費:無料(事前登録制)

WEB:DOCOMO Open House 2018公式サイト

主催:株式会社NTTドコモ

まとめ

人型ロボットの遠隔操作なんてまるでSF映画の話のようです。

空想のモノだと思ってた技術が着実に実現されていってますね。

これが本格的に導入されるようになれば、家庭や医療現場だけでなく、災害救助など人間では分野でも活躍できそうです。

しかも人間の動きと連動させるので、作業内容もほぼ人間と同じことができるので想像以上の活躍が期待できます。

これからの展開に注目ですね。

ソース:NTTドコモリリース情報









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ドコモとトヨタが5GでのロボットのVR遠隔制御に成功!