株式会社ハコヤは10月30日(火)、同志社大学 免許資格課程センター 佐藤翔准教授と共に図書館内での導線・視線を検証するための「図書館VR視線シミュレータ」を開発したことを発表しました。

このシステムは同日~11月1日(木)にパシフィコ横浜で開催されている図書館総合展2018の同志社大学ブースに展示され、「図書館VR視線シミュレータ」の体験も行われます。


「図書館VR視線シミュレータ」とは

「図書館VR視線シミュレータ」は、図書館の書架サイン案の違いによる行動パターンについて検証することを目的としており、VR空間の仮想図書館内で複数のサイン案を切り替え表示できるように開発されています。

体験者にはWindowsMRデバイス Dell Visorを着けてVR図書館内を探索してもらうことで、体験者の視線が書架サインによってどのように変化するかを検証することが可能です。

これらの行動記録を収集し、多数の行動記録を分析することで様々なサイン案シュミレーションすることができます。



開発の背景と今後について

シミュレータ開発に関わった佐藤翔准教授は「公共図書館内における利用者の注視行動の傾向と図書館デザインの影響」について研究するなど、図書館内において特定の本を探すときの行動パターン等の研究を行っていました。

これらの研究は実際に公共図書館内で被験者に視線カメラを装着してもらい、複数のサインパターンによる行動パターンの違いを検証していましたが、実際の図書館を利用して検証を行う場合は、図書館への利用許可申請、サインの入れ替えの困難性、図書館利用者への配慮などいくつもの課題がありました。

これらの課題を克服するため、ハコヤ社が2017年に図書館のサイン計画をVRでシュミレーションすることを目的に開発していた「VR仮想図書館」を利用することで検証を容易に行うことが可能になり、今回の「図書館VR視線シミュレータ」の開発へつながりました。

今後も研究を継続し、切替できるサイン案の種類の拡充や、シミュレーションできる内容を増やしていくことが検討されています。

まとめ

ハコヤ社は昨年の図書館総合展2017でも、図書館のサイン計画をVRでシミュレーションする『図書館VRシミュレータ』を発表し、体験会を開催し、来場者の注目をあつめていました。

2017年は図書館全体のサイン計画をVRでシュミレーションするものでしたが、今年は共同研究者が同志社大学の佐藤翔准教授となり、図書館でもっとも重要な書架サインについてVRでシュミレーションを行っています。

本研究は、図書館という公共施設のサインをVRでシュミレーションしていますが、このVRシミュレータは商業施設などでも活用できそうですね。

ソース:図書館VR視線シミュレータプレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで書架サイン案の違いを検証!図書館での導線・視線を検証するVRシミュレータ開発!