株式会社ネクストスケープとNTTコミュニケーションズ株式会社はMRヘッドセット「Microsoft HoloLens」と対話型自然言語解析AIエンジン「Communication Engine“COTOHA(R) Virtual Assistant”」(COTOHA VA)を連携させたMRソリューションの提供を、2018年10月4日より開始すること発表しました。


ネクストスケープとNTTによる新しいMRソリューション

  • ・建築
  • ・不動産
  • ・医療

と幅広い業界でMRの導入が進みつつあります。

ネクストスケープとNTT Comは、現実空間にホログラフィックの仮想的な物体などを投影し、それらを実在するかのように見たり操作したりすることを可能にするMR技術を、ビジネスの現場においてより実用的な活用を推進するため、AIを組み合わせた新しいMRソリューションの提供を開始しました。

MRソリューションの特徴

今回のMRソリューションの大きな特徴は、AIと会話しつつ、MRでその詳細な情報を確認出来ることです。

「Microsoft HoloLens」を装着した作業者は、対話型AI「COTOHA VA」に語りかけることで、作業に必要な情報をAIから聞き出すことができます。

そした、AIから聞き出した情報やその補足情報をMRヘッドセット「Microsoft HoloLens」上に表示させるが可能です

「COTOHA VA」はさまざまな業務システムとの接続が可能なため、メールやスケジュールの情報を参照することもできます。

「COTOHA VA」は音声による指示や対話が可能なため、作業者はハンズフリーで業務に集中することができ、作業効率の大幅な改善や、キーボードが使えない環境でのICTリソースの活用が可能になります。

MRソリューションの提供開始日

今回のMRソリューションは2018年10月4日より提供開始しています。

申し込みはネクストスケープもしくはNTT comの営業担当者へのお問い合わせとなります。

>>株式会社ネクストスケープ公式サイト

>>NTT com公式サイト

まとめ

AIとMRにこの新しいMRソリューションはすごいですね。

AIと会話をかわしていくだけでなく、視覚的に情報を表現することで、ぐんっと作業効率が向上しています。

映画で見た夢のようなテクノロジーが現実になりつつあります。

今後の展開に期待です。

ソース:プレスリリース[アットプレス]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「対話型AIとの連携した新しい MRソリューション提供開始!