海外メディアVRScoutは、2016年9月4日の記事において、Linden Labの「Sansar」を紹介している。

linden-lab-vr-sansar

かつて隆盛を極めた「Second Life」を開発したLinden Labは、VRヘッドセットを装着して楽しむ現代流のVRプラットフォームの提供を始めた。

「Sansar」と名づけられたVRプラットフォームは、Second Lifeのアップグレード版ではなく、新規に開発されたものである。

現在、同社はSansarの改善とプラットフォームとしての充実を図ることを目的として、同プラットフォームで活動するVRクリエイターを募集している。

linden-lab-vr-sansar

Sansarは「民主的なVRプラットフォーム」を標榜しており、参加するプレイヤーそれぞれが自由にモノ作りを行ったり、作ったモノを共有したりして、最終的には各プレイヤーが商業的な収益を上げられるようにすることを目標としている。

現在募集中のVRクリエイターは、以上のような目標を達成するために、実際にプレイしてフィードバックを提供する役割を担うことになり、現時点で6,500人あまりが集まっている。

Linden Labのプロダクト・ヴァイスプレジデントのBjorn Laurinによると「Sansarをさらに成熟させるために、もっと多くのVRクリエイターをこのプラットフォームに招きたいです。こうしたVRクリエイターの募集は、来年始めに予定しているSansarの正式リリースまで続くでしょう」、とのこと。

SansarへのVRクリエイターとしての参加は、同VRプラットフォームの公式サイトから可能となっている。

Sansar公式サイト
https://www.sansar.com/

参照元URL:http://vrscout.com/news/second-life-sansar-creators-social-vr-platform/

Copyright © 2016 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「Second Lifeを開発したLinden Lab、VRプラットフォーム「Sansar」を作るVRクリエイターを募集中