10月11日〜12日にかけて開催されたOculus Connect 4カンファレンスにて、スペインのゲーム開発企業Vertical Robotが開発するVRパズルアドベンチャー「Red Matter」が発表された。

「Red Matter」について

ゲームについて

「Red Matter」はストーリー重視のVRパズルアドベンチャーだ。現在開発が進められており、トレイラー動画が公開されている。

舞台となる世界は精緻なグラフィックで描かれており、作り込まれた建物やオブジェクト、世界観を確認できる。ハイクオリティなゲームを期待できそうだ。

ストーリー

「Red Matter」の舞台となるのはSF的でレトロフューチャーな世界で、冷戦期の旧ソビエトを想起させる世界観が特徴だ。プレイヤーはAtlantic UnionのエージェントであるEpsilonとして、Volgravianという謎の月面基地に潜入する。

この施設では正体不明の研究が行われており、プレイヤーは施設内に潜入して調査するという任務を遂行する。しかしゲームが進行するにつれて、主人公の精神は混乱し、やがて自分が誰なのか、誰を探しているのかも分からなくなる。

プレイヤーはツールを活用して隠されたメッセージを解読し、施設の深部に隠されている秘密を探り出す。

特徴的な移動方法

「Red Matter」の舞台は月面であり、したがって重力がほとんど存在しない。そのため移動の際は歩くよりも、ブースターを用いてジャンプしたほうが手早い。

そのため、本作ではテレポート移動を採用しており、移動したい場所を選べばそこに移動する。テレポートのスピードはプレイヤーが変更することができる。

Oculus Riftに対応予定

Vertical RobotのデザインディレクターのTatiana Delgado氏によると、現在はまだ開発段階であるとのことだ。

ゲームプレイはおよそ2,5〜3時間程度で、Oculus Riftに対応する。リリース時期については現在のところ未定であり、続報に注目したい。

参照元:VRFocus Vertical Robot Working On New VR Puzzle Adventure Red Matter

参照元:Road to VR Hands-on: ‘Red Matter’ is an Adventure Puzzle Set in a Wonderfully Weird Pseudo-Soviet Dystopia

Copyright © 2017 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「レトロな未来感が特徴のVRパズルアドベンチャー「Red Matter」がOculus Connectにて発表