海外メディアRoad to VRは、FirefoxがWebVRに対応したことを報じた。

FirefoxからWebVRコンテンツの閲覧が可能に

同メディアによると、メジャーなブラウザであるFirefoxはバージョン55へのアップデートに際し、WebVRに対応した。

WebVRとは、その名の通りウェブブラウザを使ってVRコンテンツを開発・閲覧するプラットフォームのことである。現在、多くのVRコンテンツはUnityあるいはUnreal Engineといったゲームエンジンを使って開発された後、各VRヘッドセットに対応したVRアプリとしてリリースされている。

WebVRを使うと上記のゲームエンジンを使わずに、VRコンテンツをウェブコンテンツとして開発することができ、各VRヘッドセットからもウェブコンテンツとして閲覧することが可能となる。

以上のようなWebVRコンテンツとゲームエンジンで開発したVRアプリの違いは、ちょうどスマホアプリにおけるネイティブアプリとウェブアプリの区別に似ており、WebVRコンテンツはスマホ・ウェブアプリのVR版と言える。

WebVR対応状況

FirefoxがWebVRに対応したことによって、各ブラウザのWebVRアプリ対応状況は以下の表のようにまとめられる。

なお、WebVRコンテンツをめぐっては、ウェブブラウザのほかに、ブラウザを動作させるデバイスとWebVRコンテンツを閲覧するVRヘッドセットというみっつの要素が関わっている。それゆえ、各ブラウザごとにVRヘッドセットとブラウザを動作させるデバイスの対応表を作成した。

Microsoft Edge

Windows 10に標準実装されたMicrosoft EdgeのWebVR対応状況は以下の通り。

VRヘッドセット Windows PC
HTC VIVE ×
Oculus Rift ×
Windows Mixed Reality

同ブラウザは、Windows 10に対応した専用VRヘッドセットのみでWebVRコンテンツが閲覧可能だ。このようなVRヘッドセットには、本メディアが以前に紹介したAcerが開発したMRヘッドセットがある。

Firefox

Firefoxで開発したWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。

VRヘッドセット Windows PC Android Mac
HTC VIVE × ×
Oculus Rift × ×
Windows Mixed Reality × × ×

Firefoxによって開発したWebVRコンテンツは、Windows PCに接続するVIVEおよびOculus Riftから閲覧できる。AndroidスマホのFirefoxアプリ、Mac版FirefoxはWebVRに対応していない。

Chrome for Android

Chrome for Androidで開発したWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。

VRヘッドセット名 Android Mac
Samsung Gear VR × ×
Daydream ×
Google Cardboard ×

Android版Chromeで開発されたWebVRコンテンツは、モバイル型VRヘッドセットから閲覧することになる。対応しているのは、Daydream ReadyスマホとGoogle Cardboardが使用できるAndroidスマホである。Gear VRには対応していない。

Chromium

Googleが開発しているオープンソースのブラウザChromiumを使ったWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。なお、Google Chromeは、Chromiumのソースコードの一部を流用したものである。

VRヘッドセット名 Windows PC Android Mac
HTC VIVE × ×
Oculus Rift × ×
Daydream × ×
Google Cardboard × ×
Windows Mixed Reality × × ×

Chromiumで開発したWebVRコンテンツが閲覧可能なVRヘッドセットはVIVE、Oculus Rift、Daydream、Google Cardboardの4種類である。

Samsung Internet

Samsungが開発しているSamsung Internetで制作したWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。

VRヘッドセット名 Android Mac
Samsung Gear VR ×
Daydream × ×
Google Cardboard ×

Samsung Internetで開発したWebVRコンテンツが閲覧可能なVRヘッドセットは、Gaer VRのほかGoogle Cardboardも対応している。

Oculus Carmel

Oculus社が開発しているOculus Carmelで制作したWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。

VRヘッドセット名 Android Mac
Samsung Gear VR ×
Daydream × ×
Google Cardboard × ×

Oculus Carmelで開発したWebVRコンテンツが閲覧可能なVRヘッドセットは、Gaer VRのみとなっている。

Servo

Mozillaがfirefoxと並行して開発している次世代ブラウザServoで制作したWebVRコンテンツは、以下のVRヘッドセットから閲覧可能。

VRヘッドセット名 Windows PC Android Mac
HTC VIVE × ×
Oculus Rift × × ×
Samsung Gear VR × × ×
Daydream × × ×
Google Cardboard × × ×
Windows Mixed Reality × × ×

Servoで開発したWebVRコンテンツが閲覧可能なVRヘッドセットは、現時点ではVIVEのみとなっている。

対応ブラウザにSafariがないこと、およびすべてのブラウザのMac版でWebVRコンテンツが動作しないことからAppleはWebVRの対応をまだ進めていないことがわかる。

A-Frame

ところで、WebVRを使ってどのようなVRコンテンツが開発可能なのだろうか?Firefoxに関しては、ブラウザ開発元のMozilla社が開発可能なWebVRコンテンツをまとめた以下のような動画を公開した。

同社は、さらにFirefoxで開発したWebVRコンテンツを集めたサポートサイト「A-Frame」を公開している。同サイトには、WebVRコンテンツのサンプルが多数アップされており、ブラウザ上から動作確認ができるようになっている。もちろんサンプルコードの閲覧も可能だ。

WebVRでVRコンテンツを開発するメリットは、多数のVRヘッドセットに対応したマルチプラットフォーム・コンテンツを容易に開発できることにある。今後は、VR市場に参入したAppleのWebVR対応を待とう。

FirefoxがWebVRに対応したことを報じたRoad to VRの記事
https://www.roadtovr.com/todays-firefox-update-brings-rift-vive-webvr-support-everyone/

Copyright © 2017 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「FirefoxがアップデートによりWebVRに対応。WebVRコンテンツ・サンプルコードも公開中