LucidCam製品画像

株式会社ドゥモアは、キュレーションセールスのヴェルテにて、米Lucid VR社(カリフォルニア州サンタクララ)製立VRカメラ「LucidCam」の国内向け一般販売を開始したと発表した。

米Lucid VR社について

米Lucid VR社は、起業家のHan Jin氏と共同創業者でCTOのAdam Rowell氏が、スタンフォード大学の電子工学博士課程の研究開発を通じて創業されたスタートアップ企業だ。

米Lucid VR社製VRカメラ「LucidCam」は、2015年から2016年にかけて、クラウドファンディングサービスIndiegogoのキャンペーンで11万ドル以上の資金を集めている。

また、米Lucid VR社は台湾Acerの製品設計・製造・サービス部門が独立して設立され、電子機器の受託生産(EMS)を行うWistron社からシードラウンドにて210万ドル(約2.2億円)を調達し、提携もおこなっている。

当初予定より半年遅れとなったということだが、満を持しての出荷開始と国内向け一般販売開始となったということだ。

さらに8月2日、米Lucid VR社に米OculusVR社の共同創業者の1人で元ハード統括責任者であるJack McCauley氏がチーフエンジニアとして加わったことも発表された。

▼Jack McCauley人物データベース
https://www.crunchbase.com/person/jack-mccauley

「LucidCam」について

本物のバーチャルリアリティ(VR)動画撮影には、ステレオレンズ(二眼)搭載カメラが必要となっている。

そもそも人間の目は、左右の目(両眼)の視差により立体と奥行きを認識している。

目と対象物との相対的位置の移動または差違による、網膜上の結像の位置の変化(視差)が対象物の立体と奥行きを認識する。

対象物に対して、両眼の視線の挟む角度で表される、両眼視差によって対象物の遠近を知覚している。

米Lucid VR社製VRカメラ「LucidCam」は、従来の360度カメラが一眼であり、立体視できなかったのだが、ステレオレンズ(二眼)が搭載されており、両眼視差を利用した180度立体の動画・静止画撮影ができるようになっている。

また、Wi-Fi/HDMIで、リアルタイムで180度視野角の4KのフルHD3DVR動画が中継/放送可能ということだ。

これまで数百万円するプロ用機材は販売されていたが、コンシューマ向けの価格帯で、ステレオレンズ(二眼)搭載の4Kカメラは画期的な商品といえるだろう。

4Kの高画質で写真や動画を撮影し、Wi-Fi経由でiPhone/スマホに転送し、専用アプリでGoogle Cardboardなどのスマホ向け簡易VRゴーグルで、VRコンテンツを視聴することができるのだ。

また、YouTubeのVR180フォーマットに対応し、「LucidCam」で撮影したVRコンテンツをYouTubeにアップすることも可能となっている。

「LucidCam」は、3台を組み合わせれば360度撮影も可能となっている。

世界の最先端製品を日本総代理店、正規代理店、並行輸入等、様々な流通ルートで入手を実現するキュレーションセールスを行うヴェルテでは、通常の注文時決済に加え、大学、学校法人、研究機関、上場会社グループ向けには、後払いの購買手続きでも利用できるよう、見積書、請求書、納品書、領収書の作成発行サービスも行われている。

また、ドゥモア社の独自保証サービスにより、初期不良交換、修理対応で海外製品であっても安心して日本国内で利用することが可能となっている。

製品概要

種別:クラウドファンディング商品(出荷開始)

カテゴリ:バーチャルリアリティ(VR)

製品名:米Lucid VR社製VRカメラ「LucidCam」

開発製造:米Lucid VR社 http://www.lucidcam.com/

販売:ヴェルテ(株式会社ドゥモア) http://welte.jp/

出荷開始:2017年8月4日

出荷開始:出荷中、新規注文納期2~4週間

価格: 79,800円(税送料込)

支払い方法:注文時の銀行振込/PayPal(クレジットカード)、後払い(上場企業、大学、研究機関のみ)

販売方法:直営店の完全予約制

販売用URL:http://welte.jp/ca1/75/p-r-s/

仕様

メモリ:32GB
RAM:2GB

外部記録メディア:MicroSD(32GB)

動画:フルHD(4K)、30fps、MP4

画像:フルHD(4K)、JPG

視野角:180×180度

開放F値:F/2.2

I/O接続端子、ネットワーク:MicroUSB(データ転送/充電)、HDMI出力、Wi-Fi(ライブストリーム対応)

音声:2系統マイク、ステレオオーディオ

電源:リチウム充電池

連続使用時間 1.5時間

本体重量:225g

本体サイズ:131×67.3×25mm

360度対応:スタンドを使って3台固定すると360度撮影も可能

アプリ対応:iOS/Android

対応VRヘッドセットなど:YouTube VR180、スマホ使用型汎用カードボード等

Indiegogoサイト:https://www.indiegogo.com/projects/lucidcam-the-world-s-first-consumer-3d-vr-camera#/

保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)

参照元:ニュースリリース

Copyright © 2017 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「YouTubeのVRコンテンツに対応した米Lucid VR社製VRカメラ「LucidCam」を国内向け一般販売開始