スパイカメラでよくある失敗は、スイッチを押したつもりが作動しておらず録画し損ねてしまうこと。また、擬装型カメラは本体に最低限の機能しかないため撮影している画角が分かないことも失敗の原因になります。そんな失敗を回避できるスパイカメラを紹介しましょう。

スパイカメラをスマホから遠隔視聴

スパイカメラによくある失敗を未然に回避できるのが「TMC-WPB01」です。TMC-WPB01はモバイル充電器の外装をしたスパイカメラ。専用アプリをインストールすれば、Wi-Fi接続によるスマホからの遠隔視聴が可能となっています。

これならモニターで画角チェックでき、画質調整などの各種機能を操れるというわけ。モバイル充電器として机にさりげなく設置しておけば、フルHDの高画質録画で証拠撮りをバッチリ遂行できるでしょう。

このスパイカメラは動画解像度が1280×720ドットで、保存形式はAFS、記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)です。電源はリチウムイオン電池で、連続録画時間は最大約5時間となっています。

対応OSはiOS8とAndroid4.4です。サイズは101W×65H×22Dmm、重さは91g。実勢価格は20,800円となっています。

スパイカメラを充電器として擬装

スパイカメラをWi-fi接続でコントロールするのは無料アプリ「iMiniCam」です。スパイカメラ本体をONにして、スマホのWi-Fi接続先から「CM◯◯」を選択したら、iMiniCamを起動します。

右上の「+を」タップし「Add new online camera」を選択。「Online,1 User」と表示されれば登録完了。スマホからの操作が可能となります。スマホのモニターをタップするとメニューが出現。上部は明るさ、コントラスト、解像度の画質調整メニュー。下部には録画、写真、反転のメニューが並びます。

使用しなくなったスマホにこのスパイカメラを接続して充電器として擬装すれば、机周りのセキュリティは万全です。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スパイカメラはWi-Fi遠隔視聴で失敗知らず