高速道路は観光地や仕事先までより早く移動するために使うものですが、SA・PA巡りのように高速道路自体が目的の観光旅行をする人もいます。こうしたドライブでは、同じ料金でなるべく長く高速道路に乗れた方がおトクです。そして、高速料金の計算方法にはそれを可能にするルールも存在しています。

高速道路の料金計算は最も安いルート

NEXCO3社が管理する高速道路は年々増え続け、同じ区間を移動するのに複数の経路が使えるケースが全国各地に存在しています。まず思い付くのが御殿場JCT~草津JCT間で、新東名高速~伊勢湾岸道~新名神高速の開通により、従来の東名高速~名神高速ルートと両方から選ぶことが可能です。

こうした場合、高速道路の料金は最短ルートの2倍を超えない限り、考えられる走行パターンの中から最も安い料金で計算されます。例えば、東京IC~京都東ICまでの場合、最安ルートは新東名高速や新名神高速を利用するものですが、東名高速~名神高速を走った場合も同じ通行料金となります。

さらに、東京IC~京都東ICの場合は最短ルートが431.5kmなので、その倍にあたる863.0kmまで迂回することが可能。例えば圏央道・関越道を経由して長岡JCTまで向かい、そこから日本海側を通るルートは814.9kmと2倍以内に収まるので、最安ルートの通行料金で済んでしまうのです。

高速道路を一筆書きする際の注意点

ただし、高速道路を迂回走行をする際には、注意点があります。まず、途中経路で同じ地点を2回通過すると距離条件を満たしていてもダメ。つまり、一筆書きできるルートでの走行が必要で、それを外れてしまうと実際に走行したルート通りの通行料金になります。

また、途中に高速道路の無料区間が挟まると、その前後は別な走行扱いとなってしまいます。例えば、郡山IC~仙台宮城ICを東北中央道経由で走行する場合、福島JCT~米沢北ICが無料区間。そこで、郡山IC~福島JCTと米沢北IC~宮城ICは別々に通行料金が請求されます。

さらに、走行経路のなかで東京外環道・名古屋第二環状道・近畿道・阪和道(松原JCT~岸和田和泉IC)を間に挟む場合、その前後の走行は別計算になるので要注意。首都圏であれば、圏央道経由にすれば東京外環道を避けて迂回走行することが可能です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速道路は「一筆書き」で最短ルート料金になる